2009年08月26日

引越検討中

まさに題名の通りで、
最近は輪をかけて隙がない毎日。
既に退去届を出したから、期限は約1ヶ月。

おしりに火がつかないと動かないのは、
夏休みの宿題と同じだなぁとか。
いや、自分は本来お盆前に終わらせたタチだから、
つまりは相方の悪い癖が移ったんだと。
都合が悪いと、人のせいにするのは自分の癖。

引越といっても隣の市までの短距離移動。
今回は、さてどうなりますやら。
posted by る・れくま at 23:59| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

夫唱婦随?

きっかけはいつも旦那が持って来る。
趣味にしろ勉強にしろ、
現在置かれている環境にしてもだ。

ただ、言いなりになって来た訳ではない。
ちいさいアタマでそれなりに考えて、
やるかやらざるべきかは自己決定してきた筈で。
当然、自分と合わない内容は突っぱねるけれど、
最終的には、うん、と納得してしまう。
なんだこの説得力の強さは。

行き先を決めるから、
行き方を決められるようになる。
行を生に換えてもしっくりくるじゃないか。
彼の唱える理想を現実に。それがあたしの生きる道か。
posted by る・れくま at 22:20| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

ある晴れた日に

20090807122335.jpg20090807114714.jpg

遠出、外食、カラいもの。
今のところ縁遠いものたちの集合体、
電車で一時間ほどの距離にそれはある。
目当ては、某マジスパのスープカレー。
迷わず極楽行き、旦那さんは天空を注文。
一昔前なら本気で泣いた所だ。

実は初めて行った時は、二人揃っての苦行。
あまりの辛さにこれを頼んだことを悔やんだのに、
峠を越えて、そう、何かがぶっ飛んだ。
旨い辛さに開眼したとでも言うべきか。
それから、元気をつけたい時にはよく行ったし、
確か結婚式前日にも行ったくらいのハマりぶり。

でも、それもいちばんの最近が三年弱前の話。
ハラに子がいたり、それから産まれたり、
子持ちになるとしばらくは外食なんてとんでもなく、
今でさえ、あの場所に息子連れで行こうとは思えない。
夜勤明けで、息子は保育園のちょっとした隙間に、
夫婦連れ立ってお出掛けできることのなんと貴重なこと。

ある晴れた夏の日に、
二人だけもたまには欲しい。ねぇ。
posted by る・れくま at 23:43| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

触れないヤツ

20090810201309.jpg20090810201510.jpg

近いようで両指の数ほど遠い高校時代。
所属は生物部を掲げてあるからして、
ナマモノを触るのは当たり前で日常的な話だった。

そんなあたしが今やどうだ。
虫ごときで悲鳴を上げて旦那を呼ぶ。
家に迷い込んだヤモリ一匹触れない。
玄関先の雨垂れを浴びている、
ちいさな蝸牛のツノを刺激するだけで精一杯。
いや蝸牛は昔から殻の模様が怖いので掴むのは無理。
2歳児と一緒に怖いもの見たさで遠巻きにキャアキャア。
カエルに関しては別格なのか、
そこらで見つけたら歓喜して構わず捕獲するけど。

弱い。ナマモノ耐性弱すぎる。
別に今更か弱いヲトメを演じる必要もないのに、
確実に歳を経る毎に弱っているのは何故なんだろ。
posted by る・れくま at 23:57| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

沈黙の黄色

20090807093830.jpg

ぴたりと更新が滞る数日間。
手元にあるのは黄色のあのあれと、
過ぎ去った時に呆然とする愚者ひとり。

あれを手に入れたらもう、
このあたしが放置出来る訳ないわな。
買ってよかったPSP、買ったら最後だPSP。
posted by る・れくま at 23:54| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

コナモノ修行中

20090728191815.jpg

旦那さんの予定だったり、
親戚関係のお呼ばれ事だったり、
うんまぁ色々が様々あって、
6月末から実家に帰省できていない。
しかも8月末まで帰れないのが決定事項。
1ヶ月に一回くらいのペースだと食料的に十分なのが、
もはや二週間を残して既に米びつの底が見える。
そんな訳で、米の代わりになるコナで何かを作る日々。

コナモノの定番といえば、お好み焼き。
朝の時間がある時には焼きたてスコーン。
その他ではイーストを使ってピザ生地や肉まんと、
ああ意外にやってみたら作れたぞという感じ。
ちなみに我が家には蒸籠がないので、
フライパンと皿を使った、なんちゃって蒸し器を採用。

強力粉の、あのベタベタにぎにぎのグルテン感も、
コネコネのうちに無駄なく一つになるところも、いい。
オトナのどろんこ遊びみたいなコナモノ修行、
これ、結構気晴らしになるんだよねぇ。
posted by る・れくま at 23:58| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

ぶすの味

20090728172534.jpg

ぶす、と申しましても、
顔形がまずいことではないので悪しからず。
附子(ぶす)とは狂言物語からの抜粋で、
とある主人が従者に留守番を頼んだときのこと。
隠していた水飴を食べられないよう、
これはぶす=毒なんだぞと嘘をついておいた。
が、結局従者に見つかって水飴は食べ尽くされる。
更にこの従者は装飾品を壊しまくっておき、
主人には装飾品を壊した罪として、
ぶすを食べて死んでお詫びをと思ったとかナイス釈明。

現在、我が家にもぶすがある。
息子さんには絶対見つかってはいけない、
甘くてまろやか、一度食べたら止められない。
お土産でもらった、某ロイズの生チョコレート。
いや、ロイズに限らずチョコは全面的にいかんぜよと、
オトナだけの時間にこっそりといただく。
チョコが毒だと言ったって今は解らない、
解るのはコドモがコドモでなくなった頃なんだ。
posted by る・れくま at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

水切りの達人

20090717052002.jpg

とある新婚ほやほやの男性が、
指に見事な包帯を巻いてご出勤。
どうしたのかと聞いてみたら、
サラダスピナーを買ったんだ、という話に始まる。

それでサラダを作ろうとして、
トマトを切れない包丁で切って、
これでずるっざくっと手を滑らせた訳だと。
ははーん。話途中でオチは見えた。
で、二人で台所に立ったりするんだ(・∀・)ニヤニヤ
あーあー仲がおよろしいことでと、
からかい混じりの雑談もまた新婚さんに対する礼儀。
その人曰わくサラダスピナーひとつで、
ただの葉っぱがすっごいうまい(!)らしい。
ホントかなぁと眉唾に思っていたのに、
いつか買いたいリストに入れていたのは、
彼のシアワセお裾分けのような気分もあってだ。

で、ようやく手に入れたのが写真の通り。
3coinsの315円なら駄目でも諦めつくかと思いきや、
回すだけで遠心力で一気に水切り。なかなかの優れもの。
ペーパータオルをちまちま使うより経済的で効率的。
これならもっと前に買っておいてもよかったかなぁ。
posted by る・れくま at 19:47| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

予想外の膨張

20090718164005.jpg

ポップコーンのコーンだけ、という商品。
某スーパーの棚に、そいつはひっそりとあった。
ハガキより一回り大きいほどの袋に、
ぺちゃんこになって入っている量といえば、
まぁそんなに驚くほどでもない。
一度に調理して一回分のおやつくらいかと、
安易に考えて火をかけたやつは誰だまったく。

しぽぽぽぽぽぽぽぽぽ。
ぱかこぱかこぱかこぱかこ。

いつまでも鳴り止まない破裂音。
大型パンの一面にもりもり上がる有象無象。
さて出来上がりは予想をはるかに超え、
一袋@88円でどんぶり4杯分、
単純に考えても単価安いおやつの出来上がり。
でも、こんなに一気に作るなんての大失敗。

このあとのポップコーンは、
家族三人で一気にわしわしいただきました。
posted by る・れくま at 23:25| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

帰らざるカエル

20090718100734.jpg

旦那さんからのプレゼントは、
目に鮮やかなカエルミドリ。
今にも動きそうなリアル造形。
アマガエルのストラップがそれだった。

一度は携帯根付け群に追加したものの、
写メ撮影のため取り外してみたのが運の尽き。
ジャイアニズム全開の息子に見つかり、
「ぁえるぅ〜」と言いながら略奪されーの、
返してと言えば怒って手がつけられなくなりーの、
つまりはそんな訳で、我が手を離れた小さなカエル。
飽きた頃に後でこっそり返してもらおう。
そう思っていた、ほんのしばらくの間だったのに。

やられた…○| ̄|_

ない。何処にもない。
家中スミズミ這い回って探しても、ない。
可能性のある場所すら消去法に考えつかなくなって、
一体何処に隠したのかという方が不思議。
そのうち、ひょっこり出てきたらいいなぁ。カエル。
posted by る・れくま at 23:51| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

来る華作る花

20090717173941.jpg20090717145907.jpg

暦を見て一言。歳をくった感慨よりも先に、
ああケーキが食べたいなぁ、と。
買い物をしながら手に取ったのは、
マンゴー缶とホイップクリーム。
誰かに買うか作って貰えばとも思うが、
何となく、いつも出来ないことをしたかった。

誕生日は自分が祝われる日ではなく、
周りの人に感謝する日なんだという話を聞く。
で、まずは母へ産んでくれてありがとうと謎メール。
息子の駄々には十二分に付き合い、
耳鼻科の待合室では絵本を10冊読んだ。
作ったケーキは花を象った割に単色地味なデコレーション。
真っ先に食べたいのを我慢して、家族揃ってから食べる。
一番早く食べ終えたのは息子、
おかわりして多く食べたのは旦那さん。

そこで突然のチャイムと共に、
届けられたのは目に鮮やかな生花の山。
想像しなかった人からの贈り物に驚きも数倍。
ちなみに旦那さんではないところがポイント。

ああ、こういう誕生日も悪くはない。
posted by る・れくま at 22:40| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

ストレス≠悪?

深く考えていないで回る日々はいい。
それが、あるときふと色々と思い返すと、
急に何もかもが嫌になってしまう。
そうすると、あれだ。本当に熱が出る。
小学生の頃から、仮病くさいような熱は度々あった。

先週からしばらくそんな感じがだらだら続いた。
でも、ちゃんと受診して(ラボデータ的に)何ともないと。
たぶん妊娠したとかいうのも、時期的にありえない。
じゃあもうそれは、きのせい、としか言えない。
ずっとそんなやつに構ってもいられないので、
また日常を回すことに専念し始めると、すっかり忘れる。

「色々と、ストレスあるんでしょう」

そう、なんだろうか。
全くないとはいえないけど、それが悪いのか。
自覚したストレスの名前、仕事と育児と自主勉強。
どれも必要だからやってるんだけどなぁ。
posted by る・れくま at 23:52| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

持ち歩き広告

巷は夏のバーゲンも終盤戦。
目当てのショップをハシゴしていると、
次から次へと増えるのは腕一杯の手提げ袋。

で、あんまりたくさん持っていると、
行く先の店で「お入れしましょうか?」と声がかかり、
袋in袋in袋以下略と、袋の上書きが繰り返される。
あれって別に親切心でやっているのではなく、
歩く広告になるお客の手提げが目当てな訳か。
食うか食われるか弱肉強食という意味合いで、
店員さん方には秘密の用語があるに違いないと想像。

実に数年振りとなるバーゲン巡り。
来るべき行事のため、余所行きは買わざるを得ない。
服ごときに万単位使うのなんてと嘆息しつつ、
まぁこれもたまにはいい機会と捉えておこうか。
posted by る・れくま at 23:33| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

埒が明かない

夏が近づけばやれ誕生日だ何が欲しいかと、
毎年プレゼントに頭を悩ませていたそんな季節。
二十台後半突入しわざわざ祝うものでもなくなったので、
今年からはお食事会か飲み会かそんなもんをやろうと、
言い出しっぺのやつはそうだ誰だあたしだ。

思い直して、しかしここからが難しい日程調整。
みんなの予定が会わないのなんのってもう。
ひとつ厄介なのはあたしだけが遠方にいるせいなのだけど、
各々が自分の生活を持っているのだから仕方ない話。
メールをちまちま打っては受け取るの繰り返しは、
都合がいいときに返せる反面で、いつも途切れ途切れ。
本当に聞きたい微妙な加減も、わざわざ文にすると言葉に困る。

ああ。埒が明かない。
ラチって馬の柵のことなんだぜ知ってたか。いや知らん。

「電話しちゃえばいいさ」と、ぽつりと旦那が言う。
メールに向かうときは、みんな自分の予定しか考えられない。
でも、会話の最中なら相手を考えて予定を組もうとする。なるほどな。
そっかぁ。そうだよ。最初からそうすればよかった。
昔はメールなんか無い時代、もっとたくさん話をしてたんだよなぁ。
posted by る・れくま at 23:44| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

てるてる軍団

小学校の前をバイクで通過中の昼下がり。
てるてる坊主のようなお子様がわらわらと、
学校の隣にある謎の区画に入っていく姿が見える。
何かと思ったら、プール授業の前なのだと合点がいく。

うわぁ、楽しそう。いいなあ。
と、つい口に出る自分、ヘルメットの下でよかった。
授業で水泳をやったのなんて、もう十年位前の話。
高校でも自分からすすんで選択したくらい、
本当に、好きだったんだ。
1000メートル以上泳ぐのも苦にならないくらい。

いま、あの頃の水泳と同じような、
好きだと言える何かは、ない。
それでも、暇を思う暇もない程、
あたしの日々はぎゅっと濃縮した味をしている。
posted by る・れくま at 14:25| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

褒められゴト

共働き夫婦のツマによる嘆息を横で聞く。
オットが家事や子どもの世話をしない、
してもあれじゃしない方がまだマシだとか、
皆さん多かれ少なかれご不満がある様子。

そっかなぁ。
うちの旦那さん、本当によくやるよ。
家事だって、食器洗いごみ捨て洗濯はもちろん、
疲れているときにはご飯の準備もしてくれるし。
夜勤のときは息子の食事やら風呂やら保育園の支度、
また翌日に保育園に預けるところまでちゃんとこなす。

確かにすごいよ。オットとしては。
でも、これがツマとしては全部が当たり前と思われる。
それをしたからって褒められたものじゃないし、
むしろやれていないことを非難される方がありそう。
なんなんだろうな、この社会に蔓延る温度差は。
一時の家事分担や子育てパパブームでもいいから、
生きるために必要で当たり前なことを、
男女の境なくもっとやれたらいいよねぇ。
posted by る・れくま at 23:59| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

ケンミンデー。

6月15日はチバ県民の日。
だからなんだよと思いなさんな。
チバ県民でああよかったと、
心底思っていただきたい、そういう日。

県民の日なんだからきっと、
公立学校とかはお休みなんだろうし。
そのお子様が遊びに出掛けるとしたら、
公共プールや某ネズミーランドが流行るだろうし。
何故って、ほら、県民の日だから。
タダとか割引とかやってるらしいよと聞いた話。

うちは去年からの移住民だから、
ああそんなことは知らなかったよママン。
来年こそ、そうだ休み使ってでも遊んでやろう。
とか言いつつ、その頃には忘れ去られている県民の日。
posted by る・れくま at 22:26| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

混じりっ気

岩石と鉱物の違いは、
その中身が複合体か単体か。
岩石には色々な成分が含まれているが、
鉱物は原子のカタマリ。
細かくしても単一の原子なんだそうで。
見た目には同じような石っころが、
中身の違いで希少性や役割も大きく変わる。

人間も同じこと、かなぁ。
割れてもなおひとつのココロザシか、
割れたら割れたで別の何かとしてやっていくか。
混じり気のない鉱物の美しさに憧れて、
でも、今は固くて脆い岩石になろうとしている。
posted by る・れくま at 21:55| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

ネンレイ的基準

年齢を気にするかと言えば、気にする方。
最近トシ食ったなぁなどという実感ではなく、
単純に他人を見るときのひとつのモノサシとして。

歳の割に若いとか、逆に老けているは外見に留まらず。
八十越えで身の回りも全てしゃんとしている人もいれば、
二十三十代そこそこで自分の世話もろくにしない人もいる。
または脳CTでちらり垣間見れる萎縮の程度、
もしくはレントゲンの骨粗鬆症の程度など、
年齢とはまた違った真実がそこにはあり。
年齢から見てのその人にあるべき知性、
常識や理性のある言動・行動があるのかも重要。

この“常識”というのが厄介で、
主観や思い込みが現れやすく、一歩間違えば決めつけになりかねない。
ので、あまり自分が常識人らしく語るものでもないが、
相手のことを考えない身勝手な人を見ると、
お前何歳だよ(!)と思う。年上なら更にがっかり。
逆に、自分より随分若くてしっかりした人を見ると、
すごいなぁと関心しつつ、別の意味で年齢を疑う。

何処までも自分本位の基準、だけれど。
これが年相応だと思える自分を探すには、
たくさんの“歳の割に〜”を見るのが手っ取り早い。
そして、この程度でいいやと甘んじるのではなく、
出来ればちょっと上のラインを見据えていければ。ねぇ。
posted by る・れくま at 22:28| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

イケメンファイル。

20090608100143.jpg

人の名前をなかなか覚えられない。
特に、芸能人なんかは全く記憶に残らない。
それでいながら、覚えようと努めた相手は覚えるので、
ハナから覚える気がない、というのが正しい。

先日、銀行の窓口に行ったら、
何かのついでにファイルを貰った。
ファイルなんかは腐るほどあるけれど、
前面で微笑む青年がなかなかのイケメンで、
ああこれは意外にいいものを戴いたなとニヤリ。
ちなみに自分は面食いではないけれど、
旦那さんがイケメンなのでそれを否定する術がない。

で、このイケメンファイルを職場で使っていたら、
誰かが「あ〜、××××ですねかっこいぃ〜」と、
ミウラナニガシというこの人物の名前を口にして、
その時初めてイケメンの名を知る、が突如ど忘れ。
ええと。ハルオ?ではなくて。
ハル…なんとかさん。ごめん忘れた。
えっと?ああそう、ハルマ!
分かった。ええ覚えましたよ。ハルオ。
ここだけ読むと、耄碌したばあさんみたいだあたし…。
posted by る・れくま at 21:20| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。