2010年04月14日

財布のヒモ係

我が家のテレビは、未だに地デジではない。
正しくはパソコンとテレビ兼用の液晶モニター。
このパソコンがデジタルには対応できないとかなんとかで、
つまりは新しい何かを導入する必要があることだけは解る。
材料集めは全面的に旦那さん任せ、
自分はというと、旦那さんが集めた内容を聞いて、
じゃあそれ買っていいよと可決する財布のヒモ係だ。

しかし、基本的に財布係はドのつくケチであり、
なくてなんとかなるものなら不要の精神。
よりよいものや評判のいいものかはどうでもよく、
それにそこまで出す価値があるものかが重要。
機械には弱いなりに噛み砕いて説明してもらい、
納得してからでないとダメだといいつつ、
長くなる話だと疲れて「またあとで〜」となる。
なので、プレゼンする側の旦那さんからしたら大変だが、
“推敲”と考えてみれば適材適所な役どころなのか。

今日もお決まり財布係のフタコトメ。
お金はあるだけ、湧いて出てこないんだからねとボヤく。
そんなこんなで、一筋縄ではいかない我が家の地デジ会議。
posted by る・れくま at 21:28| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

揚げ物だらけ

20100405144424.jpg20100405144438.jpg

基本的に揚げ物は好きではない。
だから、外食やお惣菜を買うことも滅多にしない。
家で作るにも油が余るのが嫌なので、
作り始めたらいろいろ一気に揚げてしまおうという魂胆。

実を言えば、揚げ鍋自体がなかった我が家。
IHには揚げ物機能が付随していたのにもかかわらず、
取説によれば専用鍋でないとダメだとかで二の足を踏む。
いつだか値引き商品の500円の揚げ鍋を買っていて、
今回それを使ってみたらば、何事もなく揚げ物機能が働いた。
なぁんだ。結構アバウトなIHの判定で助かった。

つわりの時期がようやく去って、
脂っこいものも許可するようになった胃袋に、
揚げたてのスコッチエッグを台所でかじれと要求され、
うまいうまいと感じたのはその時限りだった。
…うーむ。まだ揚げ物はいかんぜよ。
posted by る・れくま at 21:45| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

バリカンの悲劇

20100403231943.jpg

我が家には、カットなんたらという高性能バリカンがある。
そもそもバリカンが必要になったのは、
息子さんの伸び放題の髪を整えるためで、
自分の髪が伸びても美容室に行けないときの一時非難。
しかしセルフカットは技術が伴わず旦那さんには不評。
オンナノコはちゃんと美容室に行きなさいと窘められる。
そんな訳で、専ら息子さんのアタマを刈る以外に登場しない。

ある日、しばらく美容室に行っていなかった旦那さん。
何を思い立ったか、バリカンを持ち出してセルフカット。
しばらくして、浴室から何事か恐慌状態に陥った叫び声。
そこには、、、側頭部だけを刈り上げた謎の生物が…( ̄□ ̄;)!!

旦那さんいわく、これをやろうとしたんだと。
バリカンのガイドブック、ソフトモヒカン、の頁。
何故に彼がモヒカンを選んだかというのは、
モデルさんが唯一マシなかっこよさだったからだろうか。
助けて〜と涙目の旦那と、呆れてものが言えない自分。
まぁそこからがとにかく大変で。
ガイドをにらめっこしながらちまちま切り揃えて二時間後、
なんとか外に出ても死にたくならない程度に軌道修正。

出来上がりはまずまずだけど、
あれ?なんだかやっぱり何かが違う。
モデルの格好良さは負けてないのに、あぁなるほど。
面長な人には向かない髪型なんだなこりゃ。
posted by る・れくま at 23:55| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

お仕事と記念日

たまたま決められたシフトが、
土日連続勤務だったということに始まり、
病棟では満員御礼の上を下への大騒ぎだったり。
そんな不運が重なって超勤が続いた週末。

アタマの片隅には、あの日。
三の月、二十と七日といえば忘れもしない。
いや実はちょっと多忙に紛れて忘れかけた。
もうそれは4年前になる結婚記念日と、
さらに数年を遡る国家試験の合格発表後のことだ。

何か思い出すといっても、
記憶というよりは追憶の域にきていて、
あぁこんなに年が経ったんだと感慨にふけるだけ。
特別な用意も何もない日、
いや本当は何かしたかったとは思うけれど、
そういうときに限って輪をかけて忙しくなるもの。
記念日をちょっとでも大事にしたければ、
やっぱり先に休みをとるのがいいなと肝に銘じる。


………

なんやかんやで鯖雲も6年目突入。
最近は投稿が後発になりがちな怠け癖あり。
1ヶ月10記事を下回らないくらいな好い加減さで、
これからも++Mackerel Sky++をどうぞ宜しく。
posted by る・れくま at 23:59| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

白木蓮の頃

20100318105400.jpg

象牙色よりも白に近く、かといって純粋な白でない。
春分を過ぎる頃の空に映える白木蓮は、
さして季節感のない自分が、大好きな花のひとつ。

しかし、木蓮が咲く数日後には、
大概において氷雨と暴風が吹き荒れて、
木蓮はその花弁を茶色に傷ませて散らされる。
だから、いま、ここで見ておかなければ。
花の命は咲き続けている間は続くけれど、
“華”があるのは誰かに綺麗だなと思ってもらえるうちだ。
posted by る・れくま at 23:54| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

落着思考

未婚の頃や子どものいない頃と比べると、
ふとしたところで微妙な違いがある最近。

誰かとひとたび恋愛話や男女の話題になれば、
自分の惚気はさておき、いかにしてつつこうかが先立ち、
仕舞いは若者はいいわねぇと締めくくりたい気分。
キャピキャピした女子的盛り上がりは何処へやら。
あ、なんかいま自分おばちゃんみたいだぞと。

仕事や社会にしてもそうだ。
親元を離れて上京してきての入院や怪我の人を見れば、
ああ親はずいぶん心配しているだろうなぁとしみじみ。
ちょっとしたお節介ゴコロが燃える。
周囲に対して親身になって考えられる反面で、
あんまり失礼な態度を受ければ苦情もしっかり言う。
そして“親の顔が見てみたい”と嘆息しつつ我が身を省みる。

何というか、あまり色々なことに動じない。
自分の表面にある緩衝材の質が向上したような、
いやいや単にツラの皮が厚くなっただけのような。
落ち着きって、そういうものなのかなぁ。
posted by る・れくま at 23:17| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

愛されてココア色

20100314184607.jpg

3月14日は、そうだ確か勤務だった。
だから自分は家にいなかった訳で、
その間に旦那さんが何をしているか知る由もない。

超勤書くほどひどく疲れて帰ったら、
ドアを開けて鼻先にほわーんと漂うのはココアかチョコか。
とにかくそういう類の、いわゆるお菓子を作っている香り。
台所は立ち入り禁止とばかりに締め出され、
そこでようやく合点がいく。ああそうか今日は…。

「おいしいかわかんないけど…」と旦那が言い、
夕食はさて置いて並べられたココアクッキー。
焼きたては、うん、おいしい。
しっとりあたたかく味も甘過ぎず、
噛みしめる程度の歯ごたえもあるしっかり食感。
しかしなんか明らかに普通のクッキーとは違う。
これは何だ。いやなんかどこかで食べたような記憶が。
レシピを聞いたら、見たけど適当にアレンジしたと言うし、
クッキーなのにバターや油を一切使ってないと。

ははぁ。思い出した。
母が以前買っておいて食べなかった、
ダイエットおからクッキーによく似てる訳だ。
自分は結構気に入って食べていたので、
噛みごたえクッキーもありかと思って多くは口に出さず。
おいしいよ、ありがとうと。それだけ。
何より自分の為に作ってくれた気持ちが嬉しかったのは、
数日後も冷めずに残っているのだから。
posted by る・れくま at 23:54| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

オーバーサイズミー

20100228164039.jpg20100228164024.jpg

南国のショッピングセンターには、
何処にも当たり前のように妊婦用コーナーがある。
しかしその表示は必ずしもmaternityではないので、
恰幅のよい方にも着られるようにとの区分なのか。

自分用にも少し探してみたものの、
“X(エックス)”表示が当たり前のこのコーナー。
膨張するハラを加味しても有り余るオーバーサイズ。
おそらく根本的には背丈の問題。
あたしゃ日本女性の平均身長にも満たない。
そんなもんだよ世界は広い。
posted by る・れくま at 23:35| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

リスの休日

20100227222237.jpg

ヒマワリのタネが食えるのは既知の事実ながら、
食べ方がどうだったかまでは考えてもみない。
いや、食べられるタネだから単に口に入れるのだが、
生憎と英文のパッケージは食べ方には何も触れていない。
しかし、こいつは何故か、そのまま食べると激しく不味い。

先に食べた犠牲者、旦那が言う。
ごめんこれ捨てて帰ってもいいかと涙目で。
なるほど味見をしてみて分かる。
きつめの塩味、殻のザラザラが織り成す不協和音。
本来殻のまま食べるものではないのかと疑い、
種を前歯で割った中に、可食部を発見に至る顛末。

が、頑張って殻を割って中身を取り出しても、
食べられる部分は小指の先程もない極小。
それでいて、そんなに有り難がるような美味でなし。
休日で尚且つ暇でないとやってられない。
リスのように一心不乱に種をカリカリポリポリして、
ようやく集まった可食部を見てほくそ笑む。
そういう類の、暇人の食べ物なんだろうきっと。
posted by る・れくま at 23:55| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

一週間の雲隠れ

20100303114225.jpg20100301123141.jpg

青い空、白い雲、照りつける太陽。
ここは常夏の南国、グアム。
いつか誰か何度か来たその場所は、
日本人の為に特化されすぎたアメリカ風保養地。
ホテルやショッピング街に向かえば、
何処でも親切すぎるほど日本語が目に入り、
辺りを少し散策すれば必ず日本人とすれ違う。
それでいて、街並みやモールの一角には空家も目立ち、
少し流行りを過ぎた温泉街の侘びしさを感じさせる。

で、どうして今更グアムかって。
本当は台北に行きたかったのだけれど、
マイルを使う特典航空券が予約出来ずに断念。
JALががたついていたニュースの最中だからか、
ANAは何処も一杯でようやく取れたのがこれ。
ホテル暮らしもありきたりなので、
今回はリゾート&コンドミニアムを中心に活動。
結論から言えば、子連れ旅行としてはいい選択かなぁと。

そんな訳で、一週間の雲隠れ。
今はまだ寒い日本の片隅で、
コタツにめり込んで旅の余韻に浸っている。
posted by る・れくま at 23:35| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

ついでのついで

20100214092253.jpg20100214095751.jpg

今年のバレンタインデー作戦は、
なんか、こう、いろんな用事のついで。

無論主役は旦那さん&息子さんなのだけど、
実家に帰るからなんかお土産をとか、
あと叔母さんとこにもお礼のお土産もとか。
色々考えてたら、ホールでガトーショコラと、
お得意のバナナケーキ×2というオチに。
これを小さく切り分けて、さあみんなどーぞでドン。
一人ずつの小分けラッピングなんてやっていられない。

そもそもが、今の自分。
チョコ味とかがあんまり要らない。
お菓子作りたい欲は食欲と繋がっているらしく、
正直なところ、ただぐったりしただけのバレンタイン。
でもまぁ、やることやったし。いいか。
posted by る・れくま at 23:58| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

コトバにできたら

ハハが夜勤に行く日は、
うぃさんをおとーさんが迎えに来る。
(もちろんそれ以外の日に来ることもあるが、)
その日はどうも、大変だったらしい。

もうちょっと遊びたかったのか何なのか、
とにかく「かえんないよー!」の一点張りで、
車に乗るのも抵抗して大泣きし、おとーさんを困らせたそうな。
うぃさんの希望がすべて叶えられるとは限らないが、
まぁ、帰りたくないことが言えるようになっただけマシかと思う。
意味不明で不機嫌に泣いていた頃のうぃさんではないのだ。

次は、そうだ。理由を聞こう。
どうして帰りたくないの?もう少し遊びたいの?
それとも何かを置いてきたのが気になるの?
「うん」とか「ちがぁうー」で答えられる簡単なものに替えて、
だんだんと、うぃさんのコトバにできたらいいね。
posted by る・れくま at 17:34| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

ニクいものたち

これで二回目になる妊娠経過は、
同じようでいて微妙に違っている。
特に初期真っ只中の現在は、つわりの程度とその対象。

前回は程度も軽く意外に何でも平気な方だったのに、
今回は食事を選ばないとなかなかきつい。歳のせいか。
冷蔵庫のキムチが憎いのは相変わらずだけれど、
まさに“米の炊けるにおい”もダメになった。
今は最も肉が憎い。さらに揚げ物とか致命的。
旦那や息子にはせっかくだから肉!をと思うけれど、
調理段階でもう涙目になりながらなのが悲惨。
食べられないことはないが食後の気分が激しく悪く、
便器とお友達になりながら後悔すること何回目か。

タンパク質は、肉の代わりに魚か卵か乳製品で補いつつ、
まずは何より脱水にならないようには気をつける。
重症悪阻で入院点滴なんてシャレにならない。
あとは、少し食べるともうお腹いっぱいゲプーなので、
長い夜勤の間などちいさいおにぎりを作って分食にしている。
これは低血糖でつわりを誘発するのを防ぐにも効果的。

急激に好きになったものは、
果物、特にりんごなんか初めて自分で買ってしまった。
(今までは戴きもの以外あえて買ったことがない)
酸っぱいもの(マリネ、梅干し、トマト味)など。
こうして見ると、教科書的なつわりに落ち着いたらしい。

多少なりとも症状があると、
たぶん、ちゃんとそれなりになっているのかなと。
しばらく先の検診までの安心材料にはなる。
まぁ、なるようにしかならない時期だから、
今はただこの嵐が過ぎるのをじっと耐えている。
posted by る・れくま at 23:59| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

サプライズ計画

20100201151856.jpg20100201150529.jpg

旦那さんは、サプライズがうまい。
どんなことをしたら相手が喜ぶか、
色々なところから考えて、構想して、実行する。
それはツマである自分はもちろん、
息子さんにしてもそうなのだ。で、当の息子さんの要求はごっつ分かり易い。
“しんかんせん”か“でんしゃ”か、
或いは“しゅっしゅっぽっぽ”くらいで。
これに対するサプライズは、もう本物を見るしかないかと。

ということで、昨日は息子さんの誕生日前サプライズ、
大宮の鉄道博物館=てっぱくに行ってみた。
小型の新幹線はやてに乗って構内を走り、
昔ながらの実物やジオラマを見回ったり、
眺めのいいラウンジから本物の新幹線を見たり。
まさに息子さんにとっては夢のような時間だったろう。

物を買って与えるのは簡単でも、
楽しい時間を一緒に過ごすまでは大変。
素敵なサプライズには地道な努力が必要だ。
posted by る・れくま at 20:23| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

コンタクトの意味

その日は、コンタクトレンズを入れた。
それなりに意味はある。
久しぶりのデートだから、ではない。
3D映画を見るというときに、
煩わしき二重メガネになるのを回避するためだ。

デートに映画なんてまぁ何年振りでしょ。
少なくとも息子が産まれてからはないのだから、
三年間くらいは軽く経っている。
たまの旦那さんの休みが平日で重なり、
息子は保育園に預けられたという貴重なタイミング。
申し訳なさを感じつつも、ハネ伸ばしに使わせてもらう。
まぁ保育園のない土日も勤務してるしねと自己弁護。

映画は巷で人気の、“アバター”だ。
ニュースになるほど現実逃避や鬱になることはないが、
これはまたすごいものを見てしまった。
時間を感じずに3時間弱没頭し、
後になっておしりがこっているのに気づくくらい。
当初は仮面ライダーの映画が見たかったのに、
時期が過ぎたのか、これはどこも一気に上映終了。
次回はシンケンジャー&ゴーオンジャーが見たいだとか、
日アサ番組の親御ハートを掴む策略にどっぷりだよ自分。
posted by る・れくま at 23:56| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

その身をもって

先日は息子さんがノロウィルスにやられ、
自分は自分で調子がいまいちで弱っていて。
ひとり元気にしている旦那さんが、
何かと構ってくるのも気に障る、そういう具合だった。

しばらくして息子さんは軽快、
自分もぼちぼち不定愁訴に折り合いをつけて。
ここで一転、今度は旦那さんが風邪をひく。
頭が痛い気持ち悪いなんだのかんだの言いながら、
しかし色々と用事が多くて休むに休めず。
そこを元気になった息子が強襲するので、
やめて〜と弱々しく抵抗するも全く聞かず。
背中に乗られ、ぐったりしながら旦那さんが一言、
「具合悪いときにくっついてごめんね…」と。

やっと分かったか。
身をもって知るのがいちばんの教訓だな。
posted by る・れくま at 22:57| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

のんきなノンキー

20100111135811.jpg20100111140250.jpg

クッキングシートというのは、
オーブン料理や蒸し物などの必需品。
しかし、これが単なる敷紙の割に値段が高い。
いや、高い高いというほどでもないのだが、
使い捨てくらいならもっと安くしろよと思う。
たまにシートを切らしたのを忘れていて、
作ろうと思った料理を断念するのもやるせない。

そんなちいさくも重大な悩みを解消。
それは、母・ゴムヨが持っていた不思議なシート。
名前をノンキーシートというらしいが、
なんでも通っているパン教室で買ったらしい。
オーブンで焼いても平気、洗って乾かして再利用可能。
値段は三枚入りで1000円と多少張るが、
何度も買って捨てるくらいなら安いものか。
母に使い古しでいいから一枚分けてくれと頼んだら、
じゃあ二枚くらいもっていけと、相変わらず気前がいい。

ちなみに今日は肉まんの下敷きにしてみたら、
確かにくっつかず、その使命は十分に果たせた。
問題は未だ蒸し器を買わず、皿と鍋で済ましていること。
道具がなくてもなんとかなる、は多いけれど、
“あったらいいな”の欲望は尽きることを知らない。
posted by る・れくま at 22:55| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

正月のなんたるか

年明け祝って、酒飲んで。
おせちを食べて、酒飲んで。
初詣に行って、酒飲んで。
早々と風呂入って、酒飲んで。

いいよ正月なんだものと、
新年の始まりに酒で堕落する人々。
そうはなりたくないと言いながら、
一方では三食食べ過ぎ昼寝付きの人々。
お正月のなんたるかは、そういうものだ。
今日くらい、お正月くらい、
その免罪符が自分へのねぎらい。

さて、また一年。
自分をがんばりましょうか。



三が日過ぎで大変遅くなりました。
今年も++Mackerel Sky++をとうぞよろしく。
posted by る・れくま at 21:41| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

今年のうちに

怒るのも今のうち、
涙するのも今のうち。
夜勤明けに乗じた八つ当たりも、
文句も愚痴も不満も置いていこう。

あと数えて少しになって初めて、
いま在るすべての物事に、
よいお年を、と願う。
posted by る・れくま at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

それなりの。

20091223174116.jpg20091223192428.jpg

クリスマスたる意識の少ない我が家。
ケーキの日は、単に休みだったからという理由で23日。
つい最近シフォン型をようやく買ったので、
とにかくそれを使ってみたかったのが主な理由。

焼き上がりは上々ながら、
ひっくり返して冷ましている間に、
表面が顔パックみたいにぺりっと落ちた。何故か。
しかも次には自分から型を外れて脱落しかけたり。
が、そんなハプニングは諸ともせず。
デコレーションしてしまえばこっちのもの。
またもや果物のレパートリーがなくマンゴー一色。
クリスマスらしい飾りが微妙に浮いている。

ケーキを家族三人で食べた後、
旦那さんがピザを食べたいというのでそれも作る。
母から分けてもらったドライイーストもちょうど終わり、
あるものを乗っけるだけの質素なピザでも大喜び。
年末冷蔵庫一掃もできて一石二鳥、
それはそれなりに、あってもいいクリスマス。
posted by る・れくま at 23:53| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。