2010年09月14日

イクメン育成法

これは、素直で優しい世話好きな旦那さんを持っているが、
いまいちうまく協力に持ち込めない人や、
どう教えたらいいのか分からない人に向けての話。
うちの旦那全然手伝いしないんですぅ〜の状態で、
一からステキイクメンに矯正する力はないのであしからず。

まず第一に、指示は端的、具体的に。
男の人にはこれを察してくれというのは難しく、
その都度、何をしてくれとお願いするのがいいように思う。
そして、実際には自分が全部やった方が楽でも、
子に関わる一連の動作を説明して、実際にやってもらう。
沐浴をするにも物の準備から着替えのセッティングも全部、
どうしてこの順序でやるのか、理由も加えつつ即実践。

第二に、評価は加点方式で。
できたところや、助かったことなどを主に伝え、
手際が気になるなどあるだろうが、小さいことは目を瞑る。
ただ、子に危険なことは感情的にはならず、しっかり説明。
お互い様だけれど、いつも感謝の気持ちを忘れずに。

そして最後に、母である妻の心構え。
イクメンになるには確かに夫自身のやる気と、
それに割ける時間が必要だが、
妻がどれだけ自分のテリトリーを明け渡すかでもある。
授乳ですら絶対に譲れない線でもなく、
搾乳やミルクを渡せば、夫はどう飲ませるかが自ずと解る。
やり方も違いがあって当然、父としての夫を尊重しつつ、
母でなくてはダメというこだわりを置いてこれると、
イクメンとのふたり育児はもっと楽しいものになるはずだ。
posted by る・れくま at 23:58| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163163995
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。