2009年12月01日

ドライヤー係

元々はタオルドライの旦那さん。
濡れ髪のままで膝に乗られて、
嫌がったのはもう数え切れない。
だから、いつの頃からドライヤーは、
わざわざこちらがしてさしあげる一動作。
今では自分からそそくさと椅子を取りに行く。

それも忙しくなった最近はなかなかできず、
全裸濡れ髪で逃げる息子を追う方が先決で。
しかも自分より先にやってとねだられたりすると、
まったく子どもじゃないんだから、とも思う。
でも、毛量が多い髪をせっせと手で梳き乾かしていると、
目を閉じて気持ち良さそうにしているのが可愛らしく。
犬猫のグルーミングと同じような、と言えば語弊があるか。
ともかく、双方にとってささやかなスキンシップな訳で。
楽しそうにしていると息子が間に割って入り、
自分とそっくりな細っこい猫毛をささりと乾かし、
ようやく自分の番という頃には、
あらかたが自然に乾いていたりもする。
自分後回し、おかあちゃんなんてそんなもんさ( ̄ー+ ̄)フッ

我が家のドライヤー係は、
めんどくさいと文句を言いつつも、
結構その役目が好きだったりしている。
posted by る・れくま at 05:28| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

砂の城

僕の身体が知っている
胸を衝くような痛みが教える
何日を待たずとも敗色濃厚
巡り来る波に流されて
そして一から作り直す砂の城

さあ奇跡よもう一度
posted by る・れくま at 23:05| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 謎文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

さんじうねんの重さ

我が制作者の二人、
父コトブキ(仮)と母ゴムヨ(仮)は、
この日をもって結婚三十年になる。

さんじうねん。
歴史の中では、長くもあり短くもあり。
こちらときたら、まだ出会ってから五年、
結婚三年と半年過ぎの若輩者から見たらすごい。
そんな時間を他人と共有するには、
たぶん努力や相性や運なんかも必要だろう。
が、あの二人にはそんな様子は一切見えない。
言いたいこと言って、しょっちゅう話がかみ合わない。
実は相性よくないんじゃないの?と思えるのに、
まぁ一緒に散歩したり遊んだり旅行したり、
行動や目的を一致させるのも仲良しの秘訣なのか。

ちなみに、結婚30年目は真珠婚式、らしい。
母曰わく、真珠よりまた長期の海外旅行に行きたい!と。
行きたいけど休めないんだとは、役職が重くなった父。
子どもも自立して身軽になると思えば、
それぞれその時に大変なことがあるもんだなぁ。
posted by る・れくま at 23:50| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

ヘボン非ヘボン

諸事情により、というか。
海外旅行を予定し、うぃさんのパスポートを申請中。

この申請準備からがまず大変で、
戸籍謄本は神奈川で出してもらわねばならぬ。
写真は二歳児が真っ当な証明写真を撮らせるはずもなく、
規定サイズに収まるようにデジカメを乱れうち。
ようやくブレなくとれた一枚を現像に頼みつつ、
一ミリの狂いもなく自分で切り出す地道な作業。
なんとか書類と写真が揃っても、
パスポートセンターは電車を使わないと行けない距離。
忙しい間を縫って申請へ出向くものの、
さてそこでも一つの問題が発生。

申請書類には、うぃさんの名前を書く。
もちろん自筆は無理なので母代筆なのだけれど、
問題はローマ字表記にしたときのスペル。
うぃさんの本名は、最後が長母音【OU】になる。
しかし、これがヘボン式に従うと、
【O】だけで伸ばす読みになる、とかいう話。
例を挙げると、大野さんも小野さんも、
ヘボン式では【ONO】になるという訳だ。

窓口のお姉さんがさらっと言う。
普段使いの【OU】でも申請は効くけれど、
その際は“非”ヘボンの制約が入ること。
しかも、どちらか決めたら一生変更は効かないということ。
一生、、、とかいきなり言われても。
おいおいおい。責任重大だよハハ@代理人。
でも、原則に反してまで非ヘボンを貫く気概もなし。
じゃあ【O】でいいですと、あっさり引き下がる。

でもココロではずっと【OU】のままだぞと、
うぃ(Oui)さんのハハとしては、
ヘボン式にちいさな反抗を示してみたりもする。
posted by る・れくま at 23:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | うぃさん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

忘却の寅年

例年によって、今年もさてはてどうする年賀状。
素材といったらメインは息子写真しかないのだけれど、
この選別からしてものすごい時間がかかる。
あれもいい、これもいい、でもこれも使いたい。
親バカには際限がない。そして止める人もいない。
寅年?そんなん知ったこっちゃないと干支もないがしろ。

レイアウトはやり始めたら手慣れたもので、
息子の昼寝中を見計らって3種類を作っておいた。
ひとつは親バカ全開用、ひとつは少し控えめ用、
最後のひとつは、写真なし地味柄旦那さん単品用。
本来なら全部に親バカでもよいのだけれど、
あまり家族で付き合いのない人には控えめを選択する。
でも息子写真は添付必須。実際は全然控えてない。
自粛したのは写真の枚数、ややシンプルという程度の話。

去年も今年も、カラープリンターは新調せず。
アテは実家のまだ新しいプリンター。
父母分の印刷を一緒に承る代わりに便乗するという、
なんともずる賢い作戦。でもこれが無駄がなくていい。
どうせ数十枚を一年に一度使うか使わないかの話だ。
問題は、いつ帰省して印刷できるかの年末大忙し日程調整。

かえりたいのにかえれないー。
posted by る・れくま at 13:46| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

あったらいいな

20091120122733.jpg
と、ずいぶん前から思っていたもの。
袖のついた毛布、もしくは肩まで着れるコタツ布団。
そんなぐうたらドリームがうっかり商品化されており、
早速、祖父母のプレゼントにと買い求めたとかそんな話。

ああ素晴らしき画期的大発明だ、着る毛布。
寒い季節に机に向かったりするのにピッタリで、
受験生の方々にも是非差し上げたい。
まぁコタツに入りつつも肩まで暖まりたいなどという、
自分のようなぐうたら人間のぐうたらを助長する、
ぬくぬく堕落アイテムになるのも間違いないなぁ。
posted by る・れくま at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

難儀な受領

20091211114311.jpg

うぃさんのパスポートが出来上がるまでは約一週間。
問題は、受け取りには本人が必ずいなくてはならず、
さらにパスポートセンターへは電車が適当な遠距離。
魔の二歳児を連れ出すには、それ相応の覚悟がいる。

が、取りに行こうとしたその当日は吹き荒ぶ雨。
仕方なく電車を断念して車で直接向かうものの、
少し離れた駐車場からの徒歩で結局雨に濡れる。
わざわざ着せたレインコートを嫌がり、
しゃがんだズボン裾を濡らしてもなお猛ダッシュ。
雨の中を泥だらけで跳ねるイヌのテンション、とでも言うか。
ともかくセンター内外ではじけっぱなしのうぃさんと、
それを追い回すハハとの攻防戦に尽きた。

やっとこさ手に入れたパスポートは、
笑う寸前のぎりぎり真顔写真で出来上がり。
(母)代筆つきのサインが微妙にヘン字だが気にしない。
でも、パスポートにこんな苦労した割には、
どうせ5年後には使えなくなるなんて勿体無いよなぁ。
posted by る・れくま at 22:38| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | うぃさん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

蜥蜴の尻尾

手にあるのを十として、
配分したい先は十一あるとして。
優先順位で切っていったら、ああそうだ。

分かってしまった。

残りの一つになるものは、
僕からいちばん遠い距離にある。
切り落としても痛くないトカゲのしっぽ。

相手からの僕がそうであるように。
posted by る・れくま at 14:18| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 謎文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

はじっこスキー

20091215083950.jpg

電車などの席ではじっこを好む人は多そうだが。
お弁当のおかずの残り物の、
さらに卵焼きのはじっこの方が好き、
という嗜好を持つ人は自分の他にどれだけいるのか。

はじっこスキーは、他にも色々ある。
ゆで卵をスライスしたときの、
黄身も何もないしょんぼりした白身だとか。
焼き豚とかロールケーキのはじっこや、
パンのはじっこのミミだけも、結構好き。

ああいう世の中のはじっこには、
遠慮がちな中においしいが凝縮している気がする。
posted by る・れくま at 18:43| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

誰のせいだ?

うぃさんは、知っている。
誰のせいでお湯がなくなったのか。
長風呂していてなかなか出ないうぃさんを見かね、
誰かが風呂の栓を抜いて湯を流し、
うぃさんを風呂から強制的に排除したのか。

素知らぬ顔でハハは言う。
あーお湯なくなっちゃったねぇざんねーん。
泣いて抗議しようにも右から左へ流され、
いつの間にか髪を乾かされ服を着替え終えている。
ああコドモって理不尽なことばかり。

次はおとーさんのところに泣きつき、
なんだどうしたとなぐさめられつつ抗議続行。
奴です奴がやったのです!と言わんばかりに、
びしっとちいさな人差し指が示すはハハの顔。

(……分かってたのか)

えー違うよ勝手に抜けたんだよ。(棒読み)
と、真っ当なワルモノをやらねばならぬ時もある。
posted by る・れくま at 22:23| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | うぃさん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

それなりの。

20091223174116.jpg20091223192428.jpg

クリスマスたる意識の少ない我が家。
ケーキの日は、単に休みだったからという理由で23日。
つい最近シフォン型をようやく買ったので、
とにかくそれを使ってみたかったのが主な理由。

焼き上がりは上々ながら、
ひっくり返して冷ましている間に、
表面が顔パックみたいにぺりっと落ちた。何故か。
しかも次には自分から型を外れて脱落しかけたり。
が、そんなハプニングは諸ともせず。
デコレーションしてしまえばこっちのもの。
またもや果物のレパートリーがなくマンゴー一色。
クリスマスらしい飾りが微妙に浮いている。

ケーキを家族三人で食べた後、
旦那さんがピザを食べたいというのでそれも作る。
母から分けてもらったドライイーストもちょうど終わり、
あるものを乗っけるだけの質素なピザでも大喜び。
年末冷蔵庫一掃もできて一石二鳥、
それはそれなりに、あってもいいクリスマス。
posted by る・れくま at 23:53| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

ニヤリなとき

注:あんまり…な話題なので、
お食事中の方などはご遠慮ください。

ニヤリ( ̄ー+ ̄)なときー。
全然血管見えない人に一発で留置できたときー。
長い間清拭だけで洗えてない人を、
シャワー浴で丸ごと洗ったときー。
その後に肥厚した爪を切ったり、
たまった耳垢やヘソゴマを見つけてウヒャーなときー。
頑固な便秘になってた人を、
摘便してごっそり掻き出したときー。

前述のほとんどについては、
出来ようと出来まいとカネにはならぬ達成感。
が、看護師の行う多くの処置の中でも、
一回ずつに技術料を取れるものの代表格が、摘便。
先輩には“ひとほり千円”などと言われ、
ちゃんと処置伝票に書きなさいよと教わったもの。
実際、現在の点数で千円の働きになるのかは謎だ。

いやあの、別に変な趣味とかじゃなく。
普通に考えれば、達成感どころか嫌なことでしかない。
誰もがやらないことを進んでやる。それが仕事だから。
でも、何よりうれしいのは人に感謝されたときだと、
一般的に分かり易く、そういうことにしておこうか。
posted by る・れくま at 23:03| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | なすたま生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

おきまり遵守

20091230094947.jpg

寝るときにはちゃんと電気を消すんだよと、
教えたのはそう、ハハなんですが。
うぃさんはこの場合ライトではなく、
空気清浄機のスイッチを切る。
何度教えても徹底して切る。
さて今夜も消灯後、おもむろに起き出しスイッチ一撃。

…ピー。あ、またきった。

うん、確かに間違っちゃいないけど。
それはつけっぱなしでいいものだと、
融通が効くようになるのはもう少し先のお話か。
posted by る・れくま at 23:51| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | うぃさん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

憑いてる夜勤者

ついに病院も年末年始体制。
元々の人員が足らない中に加えて、
師走の疲れか病欠者も出て更に苦しい日々。

でもそんなことはお構いなしに、
怪我人病人は救外の門を叩くというのが通例で。
当然ながら日中の一般診療がない分で、
夜間も恐ろしく混雑する、というのが予想。
そんな時期に救外夜勤に当たってて、
しかも配置ひとりだけだったら泣くよねーなどと、
冗談を言ったその本人に当たる…が現在進行形。

泣いてもいいですか?(;´д⊂)
だって最近あたしが救外行くと、
憑かれたように色々来るんだもん。

でも、休憩にこんな記事を書く気力はある。
あと数時間を耐えて忍んで乗り越えて。
新年三が日はハレバレ連休。
里帰りしてのんびりハネ伸ばしたろ。
posted by る・れくま at 23:12| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | なすたま生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

今年のうちに

怒るのも今のうち、
涙するのも今のうち。
夜勤明けに乗じた八つ当たりも、
文句も愚痴も不満も置いていこう。

あと数えて少しになって初めて、
いま在るすべての物事に、
よいお年を、と願う。
posted by る・れくま at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。