2009年07月02日

コラーの効果

人はちいさきものを叱るとき、
コラッ!と言う。何故だかそう言う。
例によりイタズラを仕掛けるうぃさんと、
応戦するハハ台詞上位三位は、コラ、ダメ、ヤメテー。
なので、敵もしょっちゅうコラコラ言われて、
コラによる懲らしめ効果は皆無。むしろ喜ぶ。

が、ごくたまに出るおとーさんコラ!では、
ちょっと低めなその声色が恐いのか、
「うわーん」とびっくりして泣く。効果てきめん。
普段おだやかだから尚更そうなのか。さすが。
父の威厳は子どもと共に、いつの間にか育つんだなぁ。
posted by る・れくま at 22:20| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | うぃさん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

お好きにどうぞ

心臓や肺が悪いのに、
どうしてもタバコを止められない“命懸けの一服”。
肝機能がすこぶる悪いと指摘されつつ、
しかし毎日の飲酒は欠かさないという“開き直り晩酌”。
痛風があると言われたが放置して、
発作で痛くてたまらない時だけの“病院薬箱頼み”。


…しにたいのか。

そんな言葉を何度飲み込んだのだろう。
でも、それでも止められない。
悪いと解って続けてしまう理由がある。たぶん。
循環器の医師が数人、喫煙所でモクモクやっている。
あれだけ害を熟知した人間だって同じだもの。
自己責任の名の下で、みんな勝手に生きている。
posted by る・れくま at 23:56| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | なすたま生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

持ち歩き広告

巷は夏のバーゲンも終盤戦。
目当てのショップをハシゴしていると、
次から次へと増えるのは腕一杯の手提げ袋。

で、あんまりたくさん持っていると、
行く先の店で「お入れしましょうか?」と声がかかり、
袋in袋in袋以下略と、袋の上書きが繰り返される。
あれって別に親切心でやっているのではなく、
歩く広告になるお客の手提げが目当てな訳か。
食うか食われるか弱肉強食という意味合いで、
店員さん方には秘密の用語があるに違いないと想像。

実に数年振りとなるバーゲン巡り。
来るべき行事のため、余所行きは買わざるを得ない。
服ごときに万単位使うのなんてと嘆息しつつ、
まぁこれもたまにはいい機会と捉えておこうか。
posted by る・れくま at 23:33| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

化けて出やがれ

二交代の夜勤は夕方から朝まで。
その間には夕食のための休憩と、
朝までに交代で2時間程度の仮眠を取る。
仮眠は患者の状態によりまちまちで、
緊急入室があると全くとれないこともあり。
かといって、患者が全くいなくなったときには、
皆でのんびり朝まで起きずに済む、なんてこともある。

この寝る場所というのがあれで、
休憩室にあるソファーベッドならまだしも、
休む人が複数になると場所がない。
ので、救急外来のベッドを使うことも多い。
救外のベッド、、、それは、
どこもかしこも一度は仏さんが寝ていた場所であり、
ある人は血を吹き、ある人は吐物を撒き、
あらゆる処置が行われたであろうそういう場所で。
とある看護師は寝ていて金縛りにあったとか…。
まぁ話を聞けば出来れば使いたくはないけれど、
そんなもんかなぁ、という程度に聞き流している。

死んだ人間が意志疎通の手段を持つとしたら、
それは生きているものとどう違うと言うんだろう。
化けて出やがれ。出来るものなら。
最後にもう一目と願う人は、
この世にたくさんいるはずだから。
posted by る・れくま at 23:53| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | なすたま生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

十倍数ピース

20090714145530.jpg

幼子の成長は分時秒と目に見えやすく進む。
生後一年くらいまではまさにそんな感じで、
気付けば出来なかったことが出来るようになっていた。
まぁ世界の大半が出来なかったことだから当然か。

遅すぎたこどもの日プレゼントと称し、
叔父にあたるピロシキ(仮)がくれたもの。
パズル。それは現在のうぃさんブームの渦中にある。
絵が真っ二つになっただけの2ピースから、
最大20ピースまであるステップアップパズル。
初めは適当に手当たり次第に散らばし、
親ヘルプ有りでやっと完成させていたものの、
コツをつかんだ後はほぼ本人任せの黙々自主トレ。
毎日欠かさず朝と夜、パズルを出せと要求。
それもあって、ものの数日間で最大級までクリアされた。

すごーい。すごすぎるようぃさん。
何だそんなこと、と思うようなことかもしれない。
でも、ハハにとっては人類初の月面着陸の気分なんだ。
posted by る・れくま at 23:52| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | うぃさん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

ストレス≠悪?

深く考えていないで回る日々はいい。
それが、あるときふと色々と思い返すと、
急に何もかもが嫌になってしまう。
そうすると、あれだ。本当に熱が出る。
小学生の頃から、仮病くさいような熱は度々あった。

先週からしばらくそんな感じがだらだら続いた。
でも、ちゃんと受診して(ラボデータ的に)何ともないと。
たぶん妊娠したとかいうのも、時期的にありえない。
じゃあもうそれは、きのせい、としか言えない。
ずっとそんなやつに構ってもいられないので、
また日常を回すことに専念し始めると、すっかり忘れる。

「色々と、ストレスあるんでしょう」

そう、なんだろうか。
全くないとはいえないけど、それが悪いのか。
自覚したストレスの名前、仕事と育児と自主勉強。
どれも必要だからやってるんだけどなぁ。
posted by る・れくま at 23:52| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

来る華作る花

20090717173941.jpg20090717145907.jpg

暦を見て一言。歳をくった感慨よりも先に、
ああケーキが食べたいなぁ、と。
買い物をしながら手に取ったのは、
マンゴー缶とホイップクリーム。
誰かに買うか作って貰えばとも思うが、
何となく、いつも出来ないことをしたかった。

誕生日は自分が祝われる日ではなく、
周りの人に感謝する日なんだという話を聞く。
で、まずは母へ産んでくれてありがとうと謎メール。
息子の駄々には十二分に付き合い、
耳鼻科の待合室では絵本を10冊読んだ。
作ったケーキは花を象った割に単色地味なデコレーション。
真っ先に食べたいのを我慢して、家族揃ってから食べる。
一番早く食べ終えたのは息子、
おかわりして多く食べたのは旦那さん。

そこで突然のチャイムと共に、
届けられたのは目に鮮やかな生花の山。
想像しなかった人からの贈り物に驚きも数倍。
ちなみに旦那さんではないところがポイント。

ああ、こういう誕生日も悪くはない。
posted by る・れくま at 22:40| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

帰らざるカエル

20090718100734.jpg

旦那さんからのプレゼントは、
目に鮮やかなカエルミドリ。
今にも動きそうなリアル造形。
アマガエルのストラップがそれだった。

一度は携帯根付け群に追加したものの、
写メ撮影のため取り外してみたのが運の尽き。
ジャイアニズム全開の息子に見つかり、
「ぁえるぅ〜」と言いながら略奪されーの、
返してと言えば怒って手がつけられなくなりーの、
つまりはそんな訳で、我が手を離れた小さなカエル。
飽きた頃に後でこっそり返してもらおう。
そう思っていた、ほんのしばらくの間だったのに。

やられた…○| ̄|_

ない。何処にもない。
家中スミズミ這い回って探しても、ない。
可能性のある場所すら消去法に考えつかなくなって、
一体何処に隠したのかという方が不思議。
そのうち、ひょっこり出てきたらいいなぁ。カエル。
posted by る・れくま at 23:51| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

いじっぱり勉強法

分からないことにぶつかったらどうするか。
急ぎでないことなら、第一の選択肢は自分で調べる。
それでも解らなければその道の人に聞く。
基本的に意地っ張りな自分としては、
そういう順序が普通なものだと思っていた。が。
最近お手伝いに行った病棟で、
小耳に挟んだのはこんなやり取り。

「うがい薬ってアズノールとイソジン、どう違うんですかぁ」
「…なんだろう、分からないなぁ」
「そうですかー」で、会話終了。

おそらくは質問側が後輩、答えたのが先輩か。
そんなのは今日の治療薬ぺらっと捲ればすぐなのに。
近頃の若者って、調べないのかなぁ。
いや自分もまだ若輩者だけれどと思いつつ、
暇だったので調べたページをかの人に見せてみた。
ちょっとお節介だったかな、と思いつつ、
自分も知らなくて分かってよかった的アピールをしてみる。

教えを請うことは決して恥ではないけれど、
人に言わずして疑問を解決する努力も大事かなと。
無知であることを恥ずかしいと思う、
そういう気持ちを忘れたくはない。
今でも自分のポケットにあるメモには、
後で調べようと未知の用語が山と待機している。
posted by る・れくま at 23:55| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | なすたま生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

予想外の膨張

20090718164005.jpg

ポップコーンのコーンだけ、という商品。
某スーパーの棚に、そいつはひっそりとあった。
ハガキより一回り大きいほどの袋に、
ぺちゃんこになって入っている量といえば、
まぁそんなに驚くほどでもない。
一度に調理して一回分のおやつくらいかと、
安易に考えて火をかけたやつは誰だまったく。

しぽぽぽぽぽぽぽぽぽ。
ぱかこぱかこぱかこぱかこ。

いつまでも鳴り止まない破裂音。
大型パンの一面にもりもり上がる有象無象。
さて出来上がりは予想をはるかに超え、
一袋@88円でどんぶり4杯分、
単純に考えても単価安いおやつの出来上がり。
でも、こんなに一気に作るなんての大失敗。

このあとのポップコーンは、
家族三人で一気にわしわしいただきました。
posted by る・れくま at 23:25| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

水切りの達人

20090717052002.jpg

とある新婚ほやほやの男性が、
指に見事な包帯を巻いてご出勤。
どうしたのかと聞いてみたら、
サラダスピナーを買ったんだ、という話に始まる。

それでサラダを作ろうとして、
トマトを切れない包丁で切って、
これでずるっざくっと手を滑らせた訳だと。
ははーん。話途中でオチは見えた。
で、二人で台所に立ったりするんだ(・∀・)ニヤニヤ
あーあー仲がおよろしいことでと、
からかい混じりの雑談もまた新婚さんに対する礼儀。
その人曰わくサラダスピナーひとつで、
ただの葉っぱがすっごいうまい(!)らしい。
ホントかなぁと眉唾に思っていたのに、
いつか買いたいリストに入れていたのは、
彼のシアワセお裾分けのような気分もあってだ。

で、ようやく手に入れたのが写真の通り。
3coinsの315円なら駄目でも諦めつくかと思いきや、
回すだけで遠心力で一気に水切り。なかなかの優れもの。
ペーパータオルをちまちま使うより経済的で効率的。
これならもっと前に買っておいてもよかったかなぁ。
posted by る・れくま at 19:47| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

今日はなんの日

救外で勤務していると、
その日の流行りというべきか、
二人三人同じような症例が続くことがある。

尿管結石の日。
うっすら血尿、側腹部痛、腰を叩くと痛い。
CTにて下腹部にキラリと光る宝を見つけたり。

鼻血の日。
ハイパテ(HT:高血圧)既往あり、
自宅から洗面器を抱えてきて、赤いものがだーらだら。
ボスミンタンポン大活躍。

気胸の日。
ひょろりと細め、色白、イケメンの兄ちゃんが、
胸が痛いんですと来たらMI(心筋梗塞)よりもこれ。
ふわんとタバコくさかったりすると更に疑わしい。

便秘の日。
いきなりそこで死にはしないが、
本人にとっては非常に大変なことなので、
夜間土休日構わず救外へ駆け込む人の多いこと。
便秘だからと甘く見てはいけない、
腹部の手術歴があれば尚更のこと。
しかしどこかで、便秘か、と思わずにはいられない。

スライサーの日。
包丁で指切っちゃったではなく、
スライサーで削ぎましたってのがまず痛い。
それがどこかのお店の調理担当さんで、
似たような制服、片手は包帯で、
並んでしょぼんと座っている待合の様子も痛い。

他にも色々あるけれど、
何故にこうも似たものが集まるんだろ。
posted by る・れくま at 23:55| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | なすたま生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

ぶすの味

20090728172534.jpg

ぶす、と申しましても、
顔形がまずいことではないので悪しからず。
附子(ぶす)とは狂言物語からの抜粋で、
とある主人が従者に留守番を頼んだときのこと。
隠していた水飴を食べられないよう、
これはぶす=毒なんだぞと嘘をついておいた。
が、結局従者に見つかって水飴は食べ尽くされる。
更にこの従者は装飾品を壊しまくっておき、
主人には装飾品を壊した罪として、
ぶすを食べて死んでお詫びをと思ったとかナイス釈明。

現在、我が家にもぶすがある。
息子さんには絶対見つかってはいけない、
甘くてまろやか、一度食べたら止められない。
お土産でもらった、某ロイズの生チョコレート。
いや、ロイズに限らずチョコは全面的にいかんぜよと、
オトナだけの時間にこっそりといただく。
チョコが毒だと言ったって今は解らない、
解るのはコドモがコドモでなくなった頃なんだ。
posted by る・れくま at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。