2009年02月02日

カッコ2カッコトジ

20090202215231.jpg

うぃさん(2)
本日、二歳になりました。

過去から現在のシアワセ、
そして未来に続く希望と目的。
すべて、あなたが在るおかげさま。
posted by る・れくま at 23:31| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | うぃさん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

なんとか屋さん

看護師がもし開業するなら、
訪問看護ステーションなんぞができる。
しかしながら経営学をかじってこない看護師身分には、
経営自体が大変だと、そんな話を聞いたのはいつだったか。

何処かに依存して仕事をもらうより、
自分で仕事を作る方が大変だけどきっと面白い。
というより、家と仕事がくっついていたら、
家から出なくていいじゃんとかいうヒキコモリ発想。
しかし、元より在宅看護への興味は全くない。
じゃあ一生なんとか屋さんは出来ないのかと、
開業に向かない職業を選んだことをプチ後悔。

この根底にあるのは、そうだ。
家が自営業ってのに、漠然とした憧れを持つ。
そんなサラリーマン家庭育ちの妄想だ。
posted by る・れくま at 21:53| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | なすたま生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

ナマ的美味

20081229174436.jpg20081229174306.jpg

一粒数百円でも客が殺到する、
某所で有名らしい生キャラメルを食す。
名前にナマとつくのだから、
加熱要らずの新鮮なもののことか。
それとも生クリームが入っているのか。
いずれにしてもキャラメルに、
生も何も区別がない気がするのは素人考え。

しかもこれ、生キャラメルのチョコレート味ときた。
それは柔らかく口どけなめらか、
甘くて美味しいチョコレート味の何か。
正直、生チョコレートとどう違うのかと。
ナマだナマだと騒いでみても、
生チョコくらいなら自分でも作れらぁと、
値段の割に有り難みが味わえない。

ま、頂き物だからいいんだけどね。
posted by る・れくま at 23:54| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

厄日のハジマリ

その日のハジマリに、
何もない所でつまづいたり、
物を落として散らしたり、
うっかりドジをやらかしたり、とか。
ああ厄日だな、そういうときって、ある。

しかしだね。
僕はそんな日にはこう思う。
これで今日の厄はもう祓ったぞと。
厄は早ければ早いうちに、
あとの残り一日が平和であるように。

只今強制前向き思考稼動中。
シアワセの循環を爪の先まで巡らせろ。
posted by る・れくま at 21:36| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 謎文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

あんぱー教

20090125134251.jpg20090202203008.jpg

うぃさんは某アンパンマンが大好き。
初めて言葉らしいこと口にしたのは“あんぱー”だし、
テレビをつければ、ビデオを再生しろとせがむ毎日。
おまるもアンパンマン仕様なので、
だからやたらとトイレに侵入したがるのかと思う。

そうかそんなに好きならと、
オムライスにあれの顔を書いてやったら、
少し苦手なケチャップ味をモリモリ食べた。
これに気をよくしたハハは、
カレーもアンパンマン顔に盛り付けてみたり、
誕生日にはアンパンマンの人形を贈ってみたり。
どっちがあんぱー信者かと思う毒されっぷり。

しかしまだ発音は舌っ足らずなので、
未だに「あんぱんぱんぱっ?」
なんか一個多い気がするのはご愛嬌で。
posted by る・れくま at 23:57| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | うぃさん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

よだれの行方

これでもか!という程に、
とにかくよだれが多かったうぃさん。
一歳後半までよだれかけを使い続けたのが、
そう言えば最近やっとなくなったなぁと。
洗濯物の隙間を埋めるように干されていたのが懐かしい。

まぁ現在でも鼻が詰まると口呼吸になるし、
興奮してキャアキャアしているときはダーラダラ。
しかし今では濡れた襟を気にするらしく、
自分でティッシュを襟下に詰めていた。ルネッサンス。

無意識で気づかないけれど、
絶え間なく湧き出してくるあれを、
飲み込み応戦し続けてるんだよねオトナって。
呆けていると口がぽかーんとしている癖は母親似。
しゃーないよ。ついだらりと出ちゃうのは。ねぇ。
posted by る・れくま at 23:51| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | うぃさん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

ありがとうが言えなくて

コトバの発達というのは、
何度も耳で聞いたものからというより、
必要性から伸びる、と思うハハ的持論。

うぃさんが比較的早く会得したのが、
「いたいたいー」「イヤー」という否定的訴えに続き、
「あってぇー」(やって)、「たぁーたい」(ください)という要求と依頼。
繰り返してお礼とワンセットで教えていても、
未だに“ありがとう”がはっきり言えないのが悩み。
言わなくても困らないから優先順位が低いのか、
ちょっとでも言えたらベタ褒めしてみる作戦実行中。

勉強や運動ができるとか、そんなのは二の次。
挨拶とお礼がきちんと言える子になれば、
それでもうハハが教えることの半分はおしまい。
それくらい重要でなくてはならないことだと、
社会に出て解るのに、そうなってからでは使いこなせない。
だからこそ、いま、しかないんだよなぁ。
posted by る・れくま at 22:21| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | うぃさん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

愛のウェイト

20090214130846.jpg20090214154639.jpg

何かやろう、という気はあった。
ちゃんとあったんだよ、という言い訳を先にしたい。

「今日はバレンタインデーだね」と、
旦那がさり気なく呟いた土曜の朝。
ああそうだったそうですね。
わ、忘れてないよと心中で頷きつつも、
だからココアでも淹れてよというリクエストを失念し、
息子の朝食に構っていたらもう旦那の出発時間。

すぐお昼には帰ってくる旦那。
何かと手伝い(妨害)をしてくれる息子。
今から材料を買いに行くかと思っても、
掃除洗濯後片付けの上でそんな時間はない。
家の材料だけで何とか出来るものをと、
こんな時役立つのは、ネット検索とホットケーキミックス。

旦那用、ガトーショコラ風。
本来は別立てのところを一気に混ぜ混ぜ。
手抜きもいいとこだけれど、そこは目を瞑る。
さてのお味は、うんまぁそれなりそれなりで。
何処かで食べた気がすると旦那が言う。
喜んでもらえたのかは謎。

これに平行して始めたのが息子用のクッキー。
材料はずっと簡素なのに、この成形が大変。
またもアンパンマン、どこまでもアンパンマン。
眉を付けるのが面倒になった奴がちらほら。
味はひたすらシンプルでどうかなぁと思いつつ、
息子がおかわりを要求したからよしとしようか。

手間暇=愛とするならば、
はからずとも旦那<息子の公式が。。。
ウェイトより種類が違うんだ。分かっておくれ。
posted by る・れくま at 17:26| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

がんばり字

努力の“努”は、女の又に力と書く。
なんか産んじゃいそうな勢いさえ感じる。
“努”でこれだけがんばっているのに、
更に力を込めて、ようやく努力になる訳で。

まだまだ足りてないだろ。
そうだなぁ、そうかもしれない。
字に倣い我が身を省みると、
この現状に反論の一つも出てこない。
posted by る・れくま at 14:41| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 謎文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

オサレメガネ。

image/cirrocumulus-2009-02-19T00:50:56-1.jpg

巷では何処もバーゲンで賑やか。
衣料品は年明けから値段ががた落ちするが、
それはメガネにも当てはまるものなのか。
そもそもメガネに冬物とかあるんだねぇと、
“冬物処分”の文字に首を傾げる世間知らずが一人。

4歳からメガネを使用している自分は、
もう愛眼歴20年以上になるのかねぇ。なるほど。
その間に色々なメガネを使ってみたけれど、
ふちの太めなタイプに落ち着いたのは数年前から。
いわゆるオサレメガネ@二代目さんは、
最近になって度が合わないようになってきた。
普段の生活では大して困らないものの、
仕事で遠くのモニターが見えにくいのが致命的。
そんな訳で、この際だから三代目を新調することに。

目に鮮やかなフレームの群れも、
自分に似合いそうなものは一握りだけ。
形は今まで通りのものに近く、
色は一代目に使っていたものが理想的。
となると、必然的に一つに絞られている選択肢。
それからレンズの調整、これが今はあっという間。
つまるところ自分の視力が落ちた訳ではなく、
レンズの細かい傷が悪さをしていたのではとのこと。
結局は同じ度数で調整したのに、
新メガネだと世界の輪郭がくっきりとする。
この調子でココロの憂いも晴れてくれるといいよなぁ。
posted by る・れくま at 23:57| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

高さへの挑戦

うぃさん@2歳児は色々と工夫をする。
運動能力はチンパンジーに劣るだろうが、
そこは人類、道具でなんとかすることを知っている。

普段は背伸びをしても手の届かない場所。
約1mより上部、そこが家の物が集中する安全エリア。
いじられないように避難されたモノたちめがけて、
ついに上へ進軍してきたうぃさん。
結構高さのある丸椅子やら乗り物を運び、
足場にしてその上に登るときた。
以前から台を持ち出していたことはあったけれど、
ここまでのものによく登ったなと感心するほど。

一方で、落ちたら危ないだとか、
これは危ないモノとかの理解は全くない。
怪我をしないように回避させたいとは思いつつ、
男子とは痛い目を見ないと理解しない生き物とも聞く。
更に現在はイヤイヤ自我が至るところで芽吹く時期。
どうにかならんもんかね。本当に。
posted by る・れくま at 23:05| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | うぃさん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

一匙の懸命

“がんばらない”をいいことに、
やるべきところでも投げやりで、
チカラの使い方を忘れかけてた惰性の毎日。

ほんの一匙、たった数時間。
歯を食いしばってやりきってみたら、
何かがそう、吹っ切れた気がした。

疲れたな。でも、まだいける。
おし、もういっちょやってみるかなぁ。
そんな気にさせる、やりきった達成感の後味。
posted by る・れくま at 22:55| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 謎文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

ろたろた疑惑

日曜からおなかがゆるかったうぃさん。
保育園ではロタウィルス感染が数人出たらしく、
検査をしてからでないと預かれないと門前払い。
ハハに抱っこのまま病棟へ事情説明に行き、
その足で小児科受診に向かう。

検査はミミカキ一匙の生便が必要で、迅速15分。
突然のことで当然便つきオムツは持参なし、
しばらく続いていた下痢なのに、診察中には出ず。
仕方なしに家まで取りに帰ったのに、
病院に戻ってきたらで「ぅんちっ、でたぁ〜」
や・ら・れ・た…○| ̄|_
いや誰も悪くない悪くないと唱えるハハの心中。

で、結果はあっさり陽性。
ロタならしばらく保育園に登園できず、
別に預けようにも、病後保育所も一杯だと。
職場も人手がないのは重々承知ながら、
これはもう仕方ないと休みをもらうハハ。
聞けば保育園で一緒のお友達もロタっ子で、
これまたお母さんも休まざるを得ない状況だと。

うーん…ここからどうするか。
どうしようもないけれど、
まずはうぃさんに何ができるか、だな。
posted by る・れくま at 22:17| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | うぃさん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

ろたろた感染中

当のうぃさんはと言えば、
熱も大したことはなく、吐くこともない。
食べ物はゼリーくらいしか受けつけず、
でも水分だけはちゃんと飲んでくれるのが救い。
下痢で塩分が不足気味なのが分かるのか、
みそ汁は自分から飲もうとするのが不思議。

飲んでは出し飲んでは出し、
まさにロタ!という感じの水下痢を繰り返す。
“米のとぎ汁様”という表現をされる通り、
黄色い色さえなくなってしまった酸臭のするあれ。
教科書通りなら、下痢は短くて3日長くて一週間か。
ロタは体内に一週間は居座るらしいので、
休みもその日だけという訳にいかないのが困りもの。
今週末か来週頭に下痢が落ち着いたら再診、
登園許可証をもらって保育園に復帰という流れになる。

下痢で懸念されるのは、おしりのかぶれ。
拭くよりなるべくお湯で洗い流したり、
ベビーオイルを塗って防御しておくくらい。
この程度でも、やるとやらないでは違うんだからねと、
嫌がるうぃさんに言っても分からないよなぁ。
たとえワルモノと思われても、かぶれは絶対作らない。
茄子であるハハの、ささやかな意地かもしれない。
posted by る・れくま at 21:22| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うぃさん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

看休のウラガワ

子どもの看病という免罪符で、
降って湧いたような休みが数日。
息子と一緒にいられるのは嬉しいし、
ひっきりなしに出るゲーリーの世話なぞは、
人様に任せていた方が親としては申し訳ない。
かといって仕事とどちらかを選べたとしても、
自分は頑として休みを取るに違いない。
だってお仕事好きじゃないとか、ああそれが本音か。

職場は人手が無く毎日が殺人的な忙しさ。
それを思うと自分は不謹慎な奴なのだろう。
まぁ職場には度々ご迷惑おかけしますで、
平身低頭で申し訳なさを全面にしつつ、
インフルエンザで学級閉鎖的な喜びを噛みしめる。
やれ心苦しいなぁとか思っているより、
こんな機会はパァーっとした気分でいた方がいい。

同じ様なことがあって、
今度は自分が面倒を被る側であっても、
おあいこ様だと思って協力出来るように。
posted by る・れくま at 23:52| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | なすたま生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

第二次ろたろた

息子がロタっ子になり数日。
当の本人は下痢も止まり、
ごはんも食べ始めて活気も十分。
むしろその後の反動で便秘気味のほうが問題。
それでいて週末の検査では未だロタ陽性で、
来週明けからの保育園が難しい状態ときた。
仕方なく病後保育の予約を取っておく。

そして自分はといえば、
息子とバトンタッチしたかのように、
発熱から始まる嘔吐と下痢でダウン。
水すら口に含んでも吐くので、
本当に何も食べたくない。お粥すら不味い。
数日前は息子の食べなかったお粥を、
こんなに美味しいのにと不思議に思った自分が、だ。

ロタは子ども限定の弱いやつじゃないのか。
大人が罹るにしても不顕性感染とかで、
こんなに嘔気が強く続いて重症化するものか。
もしやロタ以外に何かいるのかとも思いつつ、
かといって、どうせ病院にかかっても対症療法。
ナウゼリンやら整腸剤を出されるか、
プリンペラン入れた点滴落とすくらいだろう。
ただの下痢かウィルス・細菌によるものか、
感染性が強いかそうでないかの区切りで、
隔離されたりされなかったり。
苦しいことにはどちらも違いないのに。ねぇ。
posted by る・れくま at 15:51| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。