2008年03月03日

あれな日再び

桃の節句に、ヲトメのあれな話をひとつ。
哺乳類の勤めを果たすうちは、
月のものに煩わされない。基本的には。
ハハオヤの免罪符とでもいうか、
お陰で2年近くも楽をして、
それが当然になりかけていたのが最近。

一日一回あるかないかの授乳。
そろそろ母乳も卒業だなんて、
思った矢先に再開ときますよこれが。
久々のスプラッタな光景に驚きつつ、
唐突に思う。ああ、赤飯炊かなきゃとか。
でも、実際のあれな日には、
確かそうだスコッチエッグを食べた。
そんなどうでもいいことだけ覚えがいい。

祝えるようなものじゃない。
一生に何度使うか分からない、
いつかの受胎のための準備なんて。
作っては捨て続ける子宮内膜、
その度に全身を憂鬱に染める鈍痛。

ああ本当にもう、
女って厄介な生き物だねぇ。
posted by る・れくま at 21:19| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

自分の居場所

旧住居の明け渡しを終えて、
実家に一晩泊まってから帰ることに。
これがなんだかおかしな感じ。

一人暮らしを始めてからは、
4年近くも実家で寝たことはなく、
お風呂すら借りたことがない。
つまり実家に“泊まる”のは初めてで、
昔のがらくたを見つけては珍しがり、
タオル一枚借りるのにかしこまってしまう。
旧住居よりずっと長く住んでいたのに、だ。

一体何が変わったのか。
所々が古くなったそれよりも、
自分自身が変質した結果なのだろうか。
慣れていて知っているよりも、
懐かしさに近い、そういう違和感。

自分の居場所は、もう別にある。
旦那がいて、息子がいて、
何処に何があるか、どのようにするか、
自身の手足のように全て把握できる。
土地は移り変わっても同じ生活。
居場所が作られるというのは、
そういうものだと、今なら分かる。
posted by る・れくま at 23:54| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

乳離れ三が日

断乳と卒乳は似て非なる。
すなわち前者は親主導であり、
後者は子どもの自立に委せるもので。
じゃあうちの場合は、
ええと。どちらが先だったんだろう。

ごはんをある程度食べ始めて、
飲まなくなったからあげなくなった。
多少は乳が欲しかったのかもしれないけれど、
ちゃんと飲み物を貰えば満足するし、
甘えもかまってが主で、乳に執着はなし。
無理して止めようとしたのでもなく、
飲まないならいいかと様子見てついに3日目。
徐々に回数を減らしていたので、
張って痛くなることも今のところない。
怒濤のような始まりだったのに、
こんなあっさりした終わりなのが不思議。

とか思ってたら、食べる食べる。
食事もスープも牛乳も、
ひとつも欠かさず胃袋におさめる。
その急激な食欲に、ただ驚かされるハハ。
母乳が終わるまではあまり量を食べないって、
本当に心配することでもなかったんだよなぁ。

乳以外でちゃんと生きてる。
うぃさんのちいさい背中が頼もしい。
posted by る・れくま at 07:02| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | うぃさん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

今日の挑戦

080305_1746~01.jpg

コドモは天性の挑戦者だ。
なんで、って思うようなことを、
容易にやってのけるんだから。
なんでマグカップを、
どうして不安定に重ねるのか。
答えは、そこにカップがあるからさ。

オトナになってしまうと、
何でも理由が必要なのがよくない癖だな。
posted by る・れくま at 23:37| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うぃさん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

カフナー入党

最近、なんだか体がだるい。
春眠暁をなんたら言うけれど、
夜はもちろん昼間も眠い。
瞼がしょぼしょぼ、異常な眠気。

と思ったら、お次はクシャミ。
これはまさかと思うけれど、
世に蔓延る、あのあれですか。
なったものしか分からない、
れいの花粉症ってのはこれですか。

カフナーの旦那が不敵に微笑む。
いやこれは確実だねとか決め付ける。
おめでとうだなんて縁起でもない。
これは何かの間違いだそうに違いない。
断固反対完全否定ありえなーい。

と言いながら、またクシャミ。
空気清浄機のセンサーよりも早く、
この体は春の息吹を感じとる。
posted by る・れくま at 23:59| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

正しい不正解

僕は、正しいひとでいたい。
世界が曲がっていても、
自分だけは正しくありたい。

だから、
正しくないことをするときは、
僕は僕を内蔵から貶めては、
軽蔑の視線に貫かれたようにする。
そうして、何も出来なくする。

僕にとっての僕は、
最大の味方でありながら、
不正解を突き付けて、
それを飲めと無理を言う。
本音とタテマエのその間で、
息が吸えないのを、知っているのに。
posted by る・れくま at 05:56| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 謎文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

去り際の一幕

新卒で就職して、あれから4年。
もちろん退職というのも初めてのこと。
辞めるなら穏やかにと思っていたのに、
退職というのは一筋縄にいかない。

まぁそれは当然のこと。
産休から育休まで取っておいて、
復帰せず辞めるなんて、そりゃまずい。
申告が1ヶ月切ってるのも、まずい。
そこを重々承知の自己都合退職なのだから、
とにかく平謝りするしかない。
悲しいかな雇用者の立場は、
労働者が辞めると言えばそれきり。
引き止める権限がない代わり、
延々繰り返しの事情説明を求める。
今更、とは思うのだろうけれど。

仕方のない理由なんて、
世の中にごろごろしているから、
そんなに苦しまなくてもよかったのに。
期待に背く去り際はつらい。
posted by る・れくま at 23:21| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | なすたま生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

白い日と黒胡椒

080315_0011~01.jpg

夜の8時も過ぎる頃になって、
旦那さんが何かを思い立った模様。
何故か、薄力粉はないかとか、
冷蔵庫を物色したり不審な行動。
理由を聞いても何処吹く風、
なんだか目的がはっきりしない。

ははぁ。何か作るつもりかな。
探し物から推測するにお菓子かなんか。
薄力粉は切れてて中力粉しかないとか、
バターは無塩じゃないよとカマをかけたら、
しょんぼりしながら白状した。
ホワイトデーだから、って、
その先なら皆まで言わずとも解る。

夕食のトマトグラタンを前に、
ペッパーミルを挽くのは旦那の役目。
これでもかってくらい、
いつもより黒胡椒たっぷりサービス。
ホワイトデーだからね、って、
いやこれじゃブラックデーだよとか、
そんなことも、結構うれしかったりする。

まぁいいかな。こんなんで。
posted by る・れくま at 23:51| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

ウツワの問題

080315_1425~01.jpg080316_1400~01.jpg

結局、白の日には何もなく、
そんなことも忘れかけての2日後。
昼食のピザトーストを作るその横で、
何やらせっせと卵を割り始めた旦那さん。
本屋で立ち読みしたレシピに則り、
どうやらケーキの類を作る、らしい。
見ないでーなんて言われても、
狭い台所で押し合いへしあいしてたら、
別に見たくなくても目に入る。

何を、と聞いてもなかなか教えない。
卵は混ぜるんだと言いつつ、
でも泡立てなくていいんだとも言う。
それでいてシフォン型を使い、
ベーキングパウダーは入れないとか、謎が多い。
ふわふわシフォンにしたければ、
しつこいほどの泡立ては必須のはずで、
こりゃ膨らまないなと思うのは経験者。
計量はきっちり正確なのが旦那らしい。

ともあれ型に流し入れて、
オーブンで焼くこと20余分。
おまけにもう10分焼いて、
出来上がりはさてはていかほどか。
弾力のあるその噛みごたえ。
これはシフォン…じゃなくてマフィンか。
なんとなく字は似てるけれど、
容れ物が違うが故に、ちょっとおかしい。

おいしいから、いいんだけどね。
posted by る・れくま at 21:25| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

あれこれ三段

僕のするあれこれが、
実行に移されるまでの、三段階。
あれこれしたいと希望して、
あれこれできると算段して、
あれこれしようと決定する。

できると思わなければ、
したいとは考えないけれど、
したいと思わないと、
できるかどうかも考えない。

それで捨ててきた機会が、
山ほどあった過去に後悔を。
これから先の未来には教訓を。
posted by る・れくま at 22:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 謎文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

名を売ること

080321_1507~01.jpg

小高い丘から一望する景色を、
焼きたてのピザと一緒に愉しむ。
というコンセプトで作られた場所が、
沖縄北部の名所と紹介されてからのその後。

普段は地元民以外通らない細道の先。
かの地を覆い尽す、わ組レンタカーの集団。
これを見ただけでもう辟易した。
ガイドブックの情報操作、考えることは皆同じか。

有名になると何処もそんなの。
そんなの、にならないような場所を、
皆が探して、またそんなのにしてしまうのかなぁ。
posted by る・れくま at 23:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

人という字は、

080322_1250~02.jpg

結局のところ、
支え合うっていうよりも、
寄りかかって立っているんだと。
特に下の短いやつが不憫。
上の長いやつはまぁ長々と偉そうに。
だけど、寄りかかる方も、
信頼してるからできることなのかなぁ。

とかなんとか思っていたら、
実は人を横から見た姿だとかいう由来。
なんか味気無いから黙っとく。
バファリンの半分は優しさだと信じたい年頃。
posted by る・れくま at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

連想の場所

080322_1103~01.jpg

青い海も白い砂浜も。
連なる想いの、全ては君へ。
思い出せばすぐそこに、
無邪気に珊瑚を拾う君がいて、
それを水面に投げた僕がいる。

僕はいつだって君としか、
この場所に来ていないから。
posted by る・れくま at 22:51| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

電池が切れるまで

080319_1404~01.jpg

昼寝の誘いをあっさり蹴り、
遊びにご執心していた昼下がり。
騒がしくやっていたのが、
ぱたっと途切れて静かになる。
どうしたのかと見てみれば、
コタツの端に突っ伏すうぃさん。まさにこれぞ寝落ち、ってやつか。
布団にこっそり空輸しても目覚めない。

昼寝はこんなのでもいいけれど、
夜の寝かしつけが、最近はなかなか大変。
以前は布団に連れて行けば、
勝手に一人寝してくれる手のかからなさ。
今や寝つく前に離れれば、
キャッキャして起き出すの繰り返し。
これを面白がっているので、
落ちついて欲しいのに逆にハッスル。

でもまぁ、手段はいくつかある。
背中をとんとんさすさす。
音痴な子守歌とかもフフフーン。
かくなる上は一緒に寝たフリ。
フリのつもりがオトナも敢えなく寝落ち。
それでショボショボに起き出して、
後片付けと翌日(もう当日)の準備を始める夜明け前。
ハハなんてこんなもんだ。
posted by る・れくま at 23:31| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うぃさん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そして二年

結婚記念日がいつかといえば、
入籍した三の月二十と七日、今日だ。
石の上にも三年には満たないなりに、
気付けば二年の歳月が過ぎる。

何十年と連れ添った夫婦から見れば、
まだスタートラインを片足踏んでるようなもの。
堪えた忍んだような話もなく、
ただ毎日の延長が今日に繋がる感覚。

だからこそ、
毎日を当たり前に照らす陽光に、
特別に感謝する気持ちを、もう一度。
今日は、きっとそういう日。



おまけにこの駄ブログも、
のんべんだらりと続けて4周年。
これからも、++Mackerel Sky++をどうぞよろしく。
posted by る・れくま at 23:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

ええかっこしい。

来月からの仕事復帰に向け、
数日前から始まった慣らし保育。

泣くかと心配した1日目は、
全てに興味津々で振り向きもせず、
先生に抱っこされて行ってしまった。
息子の妨害がない家の掃除が、
捗れば捗るほどさびしいのは親の方か。

今度こそ泣くかの2日目は、
少し嫌がっただけで泣き叫ぶこともなく、
お昼もしっかり平らげてきたらしい。
お迎えで再会したときには、
どこ行ってたの!という具合に、
「うえーえー!」とお怒りモードで一言。
でも、ホントそれだけだった。

案外タフだなと思っていたら、
ところがそれが“ええかっこしい”だと、
分かったのはもう休みに入ってから。
意味不明な不機嫌泣きに始まり、
数時間でハナタレ→発熱まで出る有り様。
新しい環境で無理をしたのか、
単に風邪をうつされたのか、その両方か。

何れにしても、まいったなぁ。。。
初日から休む訳にもいかない。
然りとて病気はどうにもできない。
明日の回復を期待して、
とにかくオトナも早く休もう。
posted by る・れくま at 21:41| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | うぃさん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

ラスト一日

数をひとつずつ減らすとき、
半分を過ぎてもまだまだ余裕。
底が見えた頃になってから、
ようやく焦る気持ちに火が着いた。
仕事復帰まであと少し。もう明日。
もう時間がないんだ、って。

そう思ってからのあれこれは、
もちろん全部こなせる訳もなく。
その上、息子は風邪をひくし、
これまた自分まで具合を悪くする。
最後の余韻に浸るどころか、
何もかもが、なんだかなぁもう、な一日。

ただ明日が困らないように、
ちゃんと一日を越せますように。
閉じゆく瞼に、ひとつお祈り。
posted by る・れくま at 23:01| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。