2007年11月01日

新提案

チョッキと、ベスト。
チャックと、ファスナー。

前者はなんだか昭和くさい。
ばあちゃんちのタンスのにおい。
だ・け・ど。
防弾ベストじゃなんか弱い。通弾しそう。
股のチャックを指摘するはよくても、
ファスナーだと響きがやらしい。なんとなく。

そんなあなたに新提案。
防弾チャンチャンコ。股ジッパー。
これでよし。うん。
そんな脳内会議が本日も稼働中。
posted by る・れくま at 23:34| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

預けない選択

今日で9ヶ月になる息子さん。
当初の予定では、もう保育園に入る頃だった。
生まれてみれば、幼すぎる子を預けるのは忍びなく。
0歳という変化満載のおいしい時期を、
お任せではもったいないという本音もあり。
結局、1歳過ぎまで育児に専念することに決めた。

実際に9ヶ月の子どもなら、
人に預けても平気だなぁと思える。
誰かが傍にいれば一人でごきげんに遊ぶし、
遊び疲れたらフニフニうめいて勝手に寝る。
母乳がなくても、食事と水分でなんとかなる。
そういう所に9ヶ月のタフさを感じる。

一方、人と離れることが分かる様子なので、
寂しい思いをさせるつらさもある。
最近はトイレに行っただけで、
姿が見えないと泣いて後追いしたり、
家事の最中も足にしがみついたりする。
預けるならそれが分からないうちがいいとも聞くし、
どの時期がいいとは一概に言えないなぁと。

でも、何処にいても、誰といても。
必要なお世話を受けていれば、
子どもはちゃんと育つ、と思う。
どうこうして“育てる”んじゃないな、とも思う。
posted by る・れくま at 22:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | たまちゃん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

なんとかする。

自分でなんとかする。

誰かをあてにしたり、
期待したりすることは、
叶えば当然なことに、
叶わなければ不満に変わる。
自分のできる範囲で、
可能か不可能かを考えるんだ。

もういい、という言葉は、
誰かと自分への諦めが半分ずつ。
posted by る・れくま at 07:19| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 謎文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

祖母の菊

071103_1643~02.jpg

祖母の趣味は、園芸。
正しくは菊を育てることであり、
菊といっても観賞用の大きな一輪咲き。
菊の写真を撮って欲しい。
そう祖母が頼んできたときになって、
初めて思った。立派なものだなぁ、と。

実際に菊の大輪を咲かせるには、
その剪定や管理にも技術があろうに、
さも何でもないことのように、
毎年、母屋の軒下にずらりと並んでいた。
そういうものだと思っていた。
菊が咲くまでのことを、考えもしなかった。

そういうものが、結構ある。
祖母という存在こそ、
“そういうもの”かもしれない。
菊と祖母が大きく見えた、とある日曜日。
posted by る・れくま at 23:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

アンケート体質

071106_1644~01.jpg

もう何度目か分からない。
何処からともなく来る意識調査。
さあ今度はなんだ市役所だ。
前に郵便局とかもあったなぁ確か。
やたらと無作為に抽出されると、
本当に無作為なのか疑いたくなる。
それくらいアンケートを書く機会が多い。何故に。

まぁそれも簡単なものだし、
気負わずさらっと流してしまえばいい。
が、アンケートというやつには、
馬鹿なほど真面目に答えてしまうこの性分。
自分も看護研究の時に作って、
その大変さが分かるから尚更で、
自由記載欄には何か書かずには居れない。
特になし、とかもっての他だ。

ありきたりな最後の一文。
ご協力ありがとうございましたとくれば、
いえいえどーもこちらこそ、と思う。
アンケートをやりきる達成感が好き。
懸賞のクロスワードパズルなら、
やりきったら満足してはいおしまい。
いわゆるそんな体質。
posted by る・れくま at 23:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

君のなら、

血、髪の毛、話し声。
僕に由来するものたちは、
一旦僕から離れると、
全てきたないもののように思う。

君のなら、平気なんだけど。
posted by る・れくま at 23:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 謎文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

しりまる王子

息子が身軽に逃げていく。
おしり丸出しで逃げていく。
オムツ替えのその隙に、
器用に体を捻って逃げていく。

逆三角のモウコハンに、
キュッと締まった大殿筋。
あんまり可愛いものだから、
今度は写真に残しておこうか。

つやつや肌を見せつけて、
しりまる王子、此処に在り。
posted by る・れくま at 21:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | たまちゃん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

オヤスミの友

しりまる〜とか言ってるうちに、
ここ数日で鼻風邪をひいた息子さん。

寒くなったので気をつけていたものの、
寝相が物凄いので、何度直しても掛け物は意味無し。
毎朝、中身の逃げた毛布が虚しく残る。
これでは風邪をひいても仕方ない。
もう厚着させて寝かせるしかないんじゃないと、
旦那に言われてあれを思い出した。

そこで登場したのが、友人から頂いたスリーパー。
毛布がベストみたいに着られるというか、
ベストが毛布みたいに全身を覆えるというか。
まぁどちらでもいい。つまりはそういうアイテムで。
使ってみたら、これが効果てきめん。
上下左右、幾ら動いても体から離れない優れ物。

逆に言えば動きにくくもなるので、
寝相の悪さもやや抑制されたかも。
これがホントの、スリーパーホールド…?(゜Д゜)
まさかこの一言が言いたくてだったりとか以下略。
posted by る・れくま at 23:52| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | たまちゃん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

寝起き通話

居眠りをしたときに限って、
普段は静かな電話が鳴ったりして。
寝てたの気づかれたらやだなぁと思い、
寝惚け声を隠してハキハキ応えてみたりして。

な・の・に、
「お休みのとこすみません」とかって。
何故か分かる。分かられる。
頬のヨダレの痕を見られたかのようだ。
そんなに分かりやすいか自分。

まさか、あのハキハキ対応が逆効果。
繕った縫い目が穴を目立せる、って感じかもなぁ。
posted by る・れくま at 20:47| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

続・食物最終形態

母乳の結果を喩えると、
鮮やかなる色の水煮カボチャ。
で、+αが増えてくると、
これが見る見るニンゲンらしくなる。

1回食まではまだ可愛さが残る。
食べたものがそのままスルーもよくある話。
あ、そうだ昨日はニンジンだとか。
それが2回食から3回食、
しかも固形の内容が多くなると、
形状その他も一気にニンゲンらしさを増す。
酸っぱい黄色から間がなく飛び級。
こんなにもあっさり赤ちゃんらしさが失せるのかと。

これもまた成長の証だけど、
ちょっと寂しい気もするハハゴコロ。
posted by る・れくま at 23:29| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | たまちゃん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

風邪の性格

毎年決まってこの季節に、
一度は必ず風邪をひいている。
寝起きに始まる咽頭痛が、
渇いたような痛みを引き連れ、
じわりじわりと移動を開始する。

耳下に進出すれば扁桃腺へ、
あっという間に発熱に陥る短期決戦。
奥に進めばしつこい咳に、
手前に上ればクシャミハナミズ。
その場で終息しとけばいいのに、
何処かで一旗揚げとかないと、
気が済まないぞという性格が憎い。
あたしの風邪は、こういう奴だ。

只今、喉の天井に始まり、
鼻に向かってラストスパート。
むやみに薬を飲めない今は、
ただ嵐が過ぎ去るのを待つのみ。
posted by る・れくま at 07:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

ツボの心得

結婚してかれこれ1年半以上。
夫婦おだやかーに過ごしてきたつもりが。
ついにやってしまった。
脇腹をくすぐろうとした手を、
反射的に体をひねって逃れようとしたら。

ごっ。

エルボォが鮮やかに決まる。
目尻の横のくぼみ、いわゆるツボだ。
旦那の目からは星が出た。間違いない。
謝りながらさすろうとしたら痛がって、
追い打ちだ、とか言いながら弱っていた。

自業自得じゃん、とか思う。普段なら。
でも、腕力でギャフンと言わせたことのない、
自称温室育ちのお嬢様としては衝撃だ。
なんだか怖いことやらかしたという反面、
ああ、突くとこ突けばあたしでもやれる、と。

いつか合気道とか習ってもいいなぁ。
とかよく分からないモチベーションがふつふつ。
posted by る・れくま at 23:38| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

絵がある本

071019_1609~01.jpg

そういや先月の健診では、
なんと絵本がもらえる特典付きだった。
ブックスタートとかいう紹介で、
絵本に親しむことから始めましょう的な話。

構えて読み聞かせる必要はなく、
絵を見て語りかけたり、子どもが手で触ったり、
身近なおもちゃとして取り入れるのもアリだと。
なるほど。そういう使い方もあるんだなぁと感心。

うちではそれは絵本に限らず、
毎日のチラシを一緒に見たりもする。
もちろん、息子さんは安売りなどに目もくれず、
それを奪ってぐちゃぐちゃにする係。
でも、載っている写真を指でつついたり、
何かなぁとは思っている様子。

それでいいのだ、と思う。
絵本を読むことに意味を持つのは結構だけど、
オトナの自己満足に終わらないようにしたいものだなぁ。
posted by る・れくま at 12:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | たまちゃん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

こたつの法則

部屋にこたつを設置して、
どちらともなく足を入れると、
両者の足先がぶつかって、
下敷きにされた方が足を縮める。

少し暖まったところで、
電子レンジがピピッと鳴り、
目配せをして負けた方が、
温めたココアを取り出しに行く。

また再びこたつに戻れば、
扉を閉め忘れたことに気づき、
同居人の非難の視線と、
隙間風に負けて立ち上がる。

やるべきことが色々あっても、
こたつに入ると堕落して、
キノコみたいに半身だけ生やし、
動けなくなる呪いがかかる。

で、ついには出掛ける時間が迫る。
posted by る・れくま at 21:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

酔いどれの父

土曜日の夜ともなれば、
翌日を気にせずお酒が飲める。
夕食に呼ばれた実家では、
父が早々に飲んだくれていた。

これはとっておきのだとか、
あれはどこどこの何て酒だとか、
蘊蓄を並べては旦那に披露。
旦那も相槌を打ちながら、
ここぞとばかりに酌を愉しむ。

酔った勢いもあったのか、
父が急にしんみりして一言。
娘を幸せにしてやってくれだの、
そんな話をしたもんだが。
息子に食事をあげてた最中で、
今も幸せだから大丈夫よーって、
軽く流すしか出来なかった娘一人。

なんかもうなぁ。
寂しいんだろうなぁ。色々と。
もう一度嫁に行ったような気分だ。
posted by る・れくま at 21:43| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

罠あるストロー

071106_2025~01.jpg

最近、ストロートレーニングをしている。
そもそもストローを使うことに、
練習が必要とかいう考えがなかったので、
さてどうやるものかと困った次第。

色々と方法を調べてみたら、
@とりあえずストローマグを持たせてみたら吸えた。
A紙パックの飲み物を準備して、
手で押し出したら吸えるようになった。
B短いストローに飲み物を満たして、
それを口に入れて流し、少しずつ慣らした。
C麺類を与えて、ちゅるちゅるとすする練習をした。
とまぁ、皆さん策を練って取り組んでいるらしい。

我が家ではとりあえず@を始めたものの、
カミカミするだけで吸うということが解らず。
それではとAの紙パックもやってみたら、
これがまぁ、おぼろ気ながら吸ったような感じ。
それより飲み物が野菜ジュースだったのが問題で、
見事べちゃべちゃに溢しまくり、
エプロンもスタイも服もニンジン染めの罠。
もとより予想すべき結果だけれどアイタタ…。
もうジュースは使うまいと、かたく決意したハハ。

実は息子さん、ストローをやるより、
コップ飲み用のスパウトの方がまだ使える。
1歳近くでもストローが使えません、
なんてことも結構あるらしいので、
まぁ焦らずやってみよう。…お茶で。
posted by る・れくま at 23:36| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たまちゃん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

ダサ寝間着

パジャマのズボンの裾が、
キュッと絞ってあるタイプが、
なんかダサくて嫌いだ。
でも、布団に潜り込むと、
キュッと絞ってないタイプは、
膝までじわじわずり上がる。
これが悩みのタネなので、
靴下で裾を被ってずれに抵抗。
見た目はあれでも、防御力は申し分ない。

で、問題は解決したものの、
キュッと絞るか否かの以前に、
最もダサい寝間着になったとか。そんな話。
posted by る・れくま at 23:16| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

フリツモリ。

愚痴や不満を言うときほど、
ちゃんと聞いて欲しいけど。
あまり聞きたくないことは、
耳の右から左に通り抜ける。

そういうもんさ。
立場が変われば分かること。
うまく使えば良い加減。
聞いたフリと、言ったツモリ。
posted by る・れくま at 17:17| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 謎文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

逆転の発想

071122_2035~01.jpg

最近はオムツ替えにも一苦労。
仰向けに寝かされるのが嫌なのか、
とにかくじっとしていない。
半端に拭いたおしりで逃げるのは勘弁。
パンツタイプにするにはまだ早い気がするし、
そうはいってもオムツの構造から言えば、
なんとか仰向けにして、前で止めなくてはいけない。
そういうものだと思っていた。

が。
たまたま目をやったオムツのパッケージで、
前でも後ろでも固定できることを初めて知る。
なるほど。そっかぁ。そうだよなぁ。
別に逆で穿かせても問題ないよなぁ。
這ったり立ち上がったりだから、
後ろ側で固定した方が楽か。どうなんだろ。

というわけで、やってみた。
テープの端がずれるかと思いきや、
これが意外にもきれいに固定できる。
息子も姿勢を束縛されないので、
比較的早くカタがつく。これはいいかも。

逆転の発想に目からウロコ。
なんでもやってみるもんだねぇ。
posted by る・れくま at 21:31| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たまちゃん(仮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

スミベタ。

どうにもこうにも、
駄目なことをやらかした僕。
100%自分のせいで、
それも重々分かっている。

・疲れていた
・確認が不十分だった
・別のことを考えていた

失敗をするときは、
いつもこうだ、という、
うれしくない地雷を全制覇。

人的エラーはなさけない。
仕方ないけど、仕方なくない。
どうしようもない僕は、
どうすればよかったんだろう。

墨汁で黒く塗り潰して、
見えなくしてしまいたいよ。
posted by る・れくま at 02:20| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 謎文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。