2004年07月01日

愛問答。

愛が欲しい、と君が云う。
あたしの愛で好ければ幾らでも。

誰にでも配っているのだろう、と君が疑う。
誰もが触れられる愛じゃないし、触れさせない。

触れるのを幾人に許すのか、と君が聞く。
ただひとり。

其れは誰、と君が問う。
皆まで云わせる御積もりか。

解っていても、云いたい、云わせたい。
明らかな思惑は夜空を翔ける。

其れでも止まらず溢れる想いは、
紫の風に乗せて君の耳まで届けようか。

posted by る・れくま at 02:09| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月02日

トリコってきました。

待ちに待った今日。
長々とお取り置きしてもらっていた、
トリコ・コムデギャルソンのノースリーブが今ここに。

封を開けてみて、うっとり。。。
袖を通してみて、ぴったり。。。

うん。あたしのためにあるんだコレは。
間違いない。

そんな激しく思い込みするくらい、えぇ買い物したなぁと思う。
これは買ってみなきゃ、ホント解らないだろうな。
お値段張るので購入を躊躇ってたあたしに、
決心を固めさせてくれたA氏に感謝。

posted by る・れくま at 23:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月03日

閉じない瞳

眠れないんじゃなくて、眠らない。
目を醒ますことを忘れないように、眠らない。
貴方の夢を見ないように、眠らない。


さて、また今日も夜のお仕事行ってきます。

posted by る・れくま at 23:20| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | なすたま生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月04日

日曜日の静寂

あたしの知らない人の中で、
あたしには見せない顔の貴方がいるんだ。
はしゃいで、笑って、楽しんでるといいな。

笑っている貴方を想うのはとても幸せなのに、
勝手な疎外感があたしを悲しくさせる。
物理的にはいつもより近いところにいるのに、
ココロはもっと遠くに行ってしまった気がして。


今日は鳴ることのない、鳴らせない携帯。
日曜日の最後の一秒まで、貴方の声を密かに待つ。

posted by る・れくま at 23:53| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 恋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月05日

背中の向こう側に

あたしの考えの及ばないところで、
何かが壊れて、また何かが生まれていた。

世界はただ見えてるだけじゃない。
こっちに背中を見せてる、貴方の顔が分かるんだ。
ひとりぼっちにして、ごめんね。
posted by る・れくま at 15:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 謎文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月07日

寄る人の性質

可愛い女のコがいると、男性はウハウハです。
それが好みのコなら尚更です。
で、可愛いコというのはそれだけに留まらず、
男性を喜ばせる色々なスキルを自然に発揮しているものです。

続きを読む
posted by る・れくま at 23:53| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月08日

悲しい共感

貴方のココロの中には、
ずっと忘れられない人がいるんだね。

あたしの中の、貴方と一緒だ。
解りたくないけど、とっても良く解るから。

だから、あたしだけを愛してなんて、云えないよ。
posted by る・れくま at 00:07| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月09日

もうひとつの可能性

あたしとあのコ。
出会う順番が違っていたら、
あの人はシアワセになれたかもしれない。
かの人と、あのコの間には何の障害も無いから。

あたしが居たから。。。

此処から消えてしまいたくなる衝動。
でも、貴方の声を聞くと途端に我儘になる。
あたしがシアワセになることだけ考えてしまう。



出会わなければ良かったなんて、云わないで。
posted by る・れくま at 00:33| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月10日

閉店30分前の白鳩

我家から歩いて5分の距離に、
白鳩マークでお馴染みのYマーケットがあります。
ウチを中心にして等距離くらいには、
鳥は鳥でもオレンジ鷹のDマーケットもあったりします。

しかし、あたしは専ら白鳩派です。
理由は単純かつ明快。
閉店30分前の値引きシールが、
あたしを切々と呼ぶからなのです。

今日のお買い物、¥852。
全て30−50%の値引きはあたりまえ。
結局、元値で買ったら簡単にこの倍になるだろう。
値引き内容を見て、密かににんまりです。



さぁて、明日のおべんとう何にしようかな?
posted by る・れくま at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月11日

イエスマン

精一杯の作り笑顔で微笑み、
いつも問いかけにハイと繰り返す。
『貴方は常に正しい、貴方は私の全て』
相手の欲しい答えを探すのが上手な君。

それじゃあ、君は何処にいるんだい?

イエスマンなんか要らないから、
君の言葉が聞きたいんだよ。

posted by る・れくま at 23:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 謎文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月12日

迷惑メールの傾向

ちゃらりら〜ん。
着信音にウキウキ気分で携帯を確認するあたし。
即座、携帯を叩きつけたくなる。

期待させるなよバカ。

続きを読む
posted by る・れくま at 00:57| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月14日

白靴の変遷。

白靴。

ふつうナースシューズと言えば、
革靴をイメージする人が多いでしょうか。
これはただの運動靴のようですが、
れっきとしたナースシューズだったりします。
清楚・清純・清潔の清らかイメージを背負うが故に、
型にはまった白の革靴が多かったのは事実で。。。
時代は変わり、現在は見た目より機能性へ。

履き心地や軽さ・機動性から言えば、
この運動靴タイプのナースシューズはとても優良かなぁと。
かかとの所にはエアクッションが入っているので、
立ち仕事の多いなすたまには嬉しい作り。
これ、今年の新人に支給されたタイプなんですが、
先輩には「あたしたちの時はなかったのにぃ〜!!!」と、
非難混じりにうらやましがられました。チョホホ。
そんなこと言われたってなー・・・( ̄△ ̄;)

今日はだいぶ汚れたので洗ってあげました。
あと何年履くか分からないけど、
また明日からピカピカで宜しく頼むよ、相棒。
posted by る・れくま at 00:23| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | なすたま生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月15日

白衣の・・・?

今日のお昼休憩中のこと。
先輩がぶっちゃけ話をしながらこう言っていた。

患者さんの前ではきーらきらの笑顔振り撒いて、
いっつもやさしくてきぱき仕事こなす白衣の天使でいいの。
でも、休憩室に戻れば白衣のペテン師よ。
思ったこと言わなきゃフラストレーションたまるよぉ。


なかなかうまいこと言うなぁとココロで拍手喝采。

看護師をやっていると聞くだけで、
あらまぁとかおぉとか感嘆詞の嵐になるアナタ。
羨望の眼差しで偉いすごいと言っちゃうアナタ。
理想ぶち壊しのなんちゃって看護師のあたしから、
そんな方々にどうぞこの言葉を伝えたい。


看護師は天使なんかじゃない。
本当は白衣のペテン師だって。
posted by る・れくま at 00:27| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | なすたま生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月16日

悪い女

君の視線を頬に受けながら、
他の男に腕を回す時が、一番のシアワセ。

触れたい衝動を押さえ込んだ腕が震えてる。
もっと、あたしを見てよ。あたしを渇望してよ。
それだけで、あたしは満ち足りる。
君の後悔で、あたしは蘇る。


ほら、失ってから気づいたって遅いんだ。
だけど、それは君が決めたことさ。
posted by る・れくま at 00:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイムリミット。

image/cirrocumulus-2004-07-16T22:08:19-1.jpg
もう、会えないね。
もう、これで最後だね。

ちょっとさびしいけど、また始まるんだね。



今日までのあたしへ、笑顔でサヨナラ。

posted by る・れくま at 22:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 謎文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月17日

自分記念日。

あたしの生まれた日を、
貴方にも祝って欲しい気持ちは我儘かな。


今日くらいは、あたしのことだけを考えてよ。
posted by る・れくま at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月18日

招かれざる客

毎年、誕生日が穏便に過ごせたためしはない。
いったい今年は何が起きたのやら。。。

続きを読む
posted by る・れくま at 23:08| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | なすたま生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月20日

探し物は何ですか?

在る筈のないものが存在することより、
在る筈なのに無いことのほうが、数段腹立たしい。
そんなあたしの今日の失せ物は、
数ヶ月前には絶対に此処にいた筈のクッキー型。

続きを読む
posted by る・れくま at 23:48| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月21日

今生の別れになる前に

今朝、カンボジアに旅行していた両親が帰国した。
着陸してすぐの第一報があたしの携帯を鳴らし、
久方振りの母の声を届けてくれた。
相変わらず元気そうで何より。



時は戻って、7月の始めのこと。
父と母は突然、「アンコールワットに行く」と宣言した。
翌日には早速母がカンボジア大使館にビザを取りに行っていた。
20数年来の家族をやっているので、
思い立ったが吉日の実行力には然程驚かなかったものの、
政府の出す“危ないからあんまり行かないでネ”の区域に、
カンボジアも含まれていることを聞かされて、ぎょっとした。
そのために何やら書類にサインさせられたらしく、
ダイビングの際に溺れて死んでも文句は言わねぇみたいな、
無きにしも非ずの事象に対する覚悟を持たされる羽目になった。

普段生活していると忘れそうになるけれど、
いつだって、何処でだって、何があるか分からない。
何気なく元気でと手を振ったその後に、
ケンカをして気まずくなったその後に、
その人に二度と会えなくなってしまうことだって、あるのだ。


だから、取り戻せない後悔はしないように。
あたしは、父と母を見送る前日は一緒に夕飯を食べてみた。
茶なんぞ飲みながら、なるべく実家に居座ってみた。
ちょっとした口論になりそうになったけど、
珍しく自分から折れてみた。
「何かあったら、あたしが休みに出かけられないじゃない」
だから絶対無事に戻ってきてよ、という言葉は飲み込んで。
いつものように、行ってらっしゃい、気をつけてね、と。
そう言って見送ったのは6日前。

途中、携帯に国際電話がかかっていたらしい。
しかし、番号表示がされないため、初めは誰だか分からなかった。
伝言サービスからの通知で、
「こちらは暑いです。二人とも元気です。また連絡します」
という、簡素かつ重要なメッセージが残されていた。
普段なら聞いたらあっさり削除するのに、
何故だか消せずに保存してしまった。
最期の声になんて、ならないと信じていても。



「プレゼントを買ったの。期待していてね!」
電話の向こうで弾んだ母のハスキーヴォイスが、
リアルタイムで流れることの嬉しさを何と言ったらいいんだろう。
たぶんその横では、
父がガタゴトとトランクを引きずっているんだろう。

ああ、今思うのは唯一つ。
今生の別れにならなくて良かったと。

おかえりなさい。
posted by る・れくま at 09:02| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月22日

やりすぎです。

image/cirrocumulus-2004-07-22T19:56:55-1.jpg
思い立って作るのはいいんですけどね。
量を考えましょうね、量を。



どうしよっかな、コレ。
posted by る・れくま at 19:56| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。